⚪︎前語り

いつもは色々なカードを入れた上で、こんなカードも採用できるけどどうだろうか?という改良の余地のある構築を紹介していますが、今回は環境目線の話で書いていきます。人によってはいつもと書き方の違うところがあるため不快感を示す可能性もあるかもしれませんがご了承ください。


ひとまずリストだけ見て下さい。


⚪︎リストFullSizeRender


現環境目線かつ新環境を意識して構築した竜騎士です。竜騎士は新弾のみならず新スタートダッシュデッキで相当数のカードを貰い、さまざまな構築ができるようになったと思います。しかし、環境で勝とうと思うなら問題は山積みだったと言わざるをえませんでした。今回はその問題を順に解決し、まとめ上げることができたので紹介していきます。


⚪︎現環境における竜騎士の立ち位置

バトスピの現環境で勝ち切るには防御手段を封じるまたは貫通することを意識しなければいけません。というのも環境トップのデッキ達はいずれも、何らかの手段で防御札の封殺を可能としており、それらと渡り合うということはそのような手段を持ち合わせておくことが必須になってくるわけです。要はフラッシュの応酬という本来の温いバトスピをしているようでは勝てないわけです。


それを踏まえて竜騎士を見てみると、コアのトラッシュ送りにアタックステップの終了阻止という一見すると良さげな特性を持ち合わせてはいるものの、一番強いと思われるジャンヴァルジャン他、召喚時効果持ちがあまりにも多く、召喚時バーストで瓦解してしまいます。特にキンタローグベアとサカターノベアという2種の熊を覇皇ハジメで貼り続けられる覇皇対面は苦戦を強いられます。

それだけでなく、紫重装甲を全体に配れるプリヘーリア有する氷姫もキツく、紫装甲を持たれてしまうことでコアのトラッシュ送りを生かしての詰めというのができなくなります。というかそもそも氷姫には速度で勝つことも難しいです。


つまり、この2つの環境デッキとの対面を考えるだけでも、相手の防御手段であるバーストを貫通する(すり抜ける)ことができず、また除去ができないことで相手のアタックを止めきれずに貫通されてしまう竜騎士の立場はかなり低いわけです。一応スピッツァードラゴンという手段を合わせることでバーストを貫通できるようになり、2種の熊の他氷姫のアガーフィアに対処できるため全く勝てないわけでありませんが次の問題が付き纏うこととなってしまいます。


⚪︎スロットの余裕

この一言で全てを察しますがそうです。これまでの竜騎士にはスロットの余裕がないのです。


真転醒編前までの竜騎士における強カードジャンヴァルジャンはその特性上、一定数の召喚先を用意する必要があります。前回書いた竜騎士の記事を見ていただければわかると思いますが、スクライヴァー、ヴォルスティン、アヴァルケインの3種の竜騎士は中でも強力な3種であり、これらを仮に3枚ずつ入れたとすると、それで9枠を取られるためトータルで12枚前後のスロットを要することになります。BS54-016

BS54-018

BS55-021
BS55-X03

ここにさらに初動要因として15枚以上、防御手段に6枚前後とカードを取っていくとその時点で33枚前後のカードが埋まってしまうわけです。人によってはまだ数枚余裕があるじゃないかと考えるかもしれませんが、ここに中継、バースト、ブレイヴと入れる候補があり、メタに割く枠がほぼ無くなってます。要するに、1番強いと考えられるジャンヴァルジャンを使うということはすなわち、相手のデッキを抑えるためのカードが入れられず、結果として自分の強い動きを通しに行くことができないデッキとなってしまっていたわけです。


⚪︎竜騎士に来る真の革命児

結果として強い動きを目指すことが弱さを露呈させてしまっていた竜騎士ですが、今回の大量追加カードの中に革命的なカードがありました。それがこれ。


FullSizeRender

FullSizeRender

ハルヴァーディスです。このカードアタック時効果でデッキから3枚を破棄し、バースト/ミラージュを持つ紫1色のカードをセットできます。そして、セットされたカードがあれば転醒し、回復とコア除去及び消滅でバーンダメージと1枚で纏まった攻めが可能となっています。そしてこれと相性が良い1枚があり、それがエルサルバトールです。


IMG_4966

ハルヴァーディスでこのカードをセットし、転醒する事で相手のコアをトラッシュに送りフラッシュを封殺しつつ攻めることができます。これによってジャンヴァルジャン以外の攻め手段を用いた強い動き実現をできるようになり、竜騎士に革命を起こしました。


さらに同デッキ収録の竜騎士専用ワイバーンも登場し、創界石を使わずとも合体スピリットの2打点2連打も狙いやすくなっています。竜騎士の創界石の無色化やドローは魅力的なものの、4コアを界封のために載せるのは難しく、その性能を存分に生かしにくかった竜騎士にとっては専用とも言えるブレイヴを手に入れたのも大きな追加であると思います。

FullSizeRender


このように完結したアタッカーの登場とそれと合わせるのに相性の良いバーストとブレイヴの存在により、デッキをコンパクトにまとめることができ、より攻めやすく、より対応力の高い竜騎士デッキが構築できました。


⚪︎立ち回りに関して

立ち回りとしては先行なら3ターン目、後攻なら2ターン目にハルヴァーディスを絡めて殴り始めることを意識します。場合によってはエルサルバトールはセットしたまま、ハルヴァーディスのフラッシュ除去のみを使用したままライフを削っていくと良いでしょう。理想としては先行3ターン目に2軽減用意した状態で竜騎士専用ワイバーンハルヴァーディス合体してアタックからエルサルバトールをセットして転醒回復&カウント増加でエルサルバトール。この動きでコアをトラッシュに送りつつ5点を用意でき、仮にハルヴァーディスが除去されても竜騎士専用ワイバーンが転醒するので追撃を狙えます。


このデッキはヴォルスティンの存在により絶甲、スピッツァーでバーストを止めながら攻めることはできますが、白色防壁だけは止め切れないので攻め続けることでケアしていきます。受けは紫の世界+デスアタラクシアによりプリヘーリアに5コア乗っていない状態なら氷姫も止めることが可能なのでそれを意識します。場合によってはリターンズドラグーンでアヴァルケインをリアニメイトし召喚時の貫通除去効果で装甲持ちの突破を狙いましょう。


⚪︎採用カード解説

初動要因

先行1ターン目からプレイできるカードとしては、キャメロットナイトX、アンジィ、ヴィーナ、紫の世界、カクメイミラージュ、新しき世界の16枚となっています。


・キャメロットナイトX、アンジィIMG_4744IMG_4967


どちらも1コストで出すことのできる手札を増やせるカードです。このデッキは対面に負荷をかけ続ける必要があるので積極的に殴る機会を作る必要があり、1コストで出せる初動要因は重要です。


・ヴィーナIMG_4217


1コストでプレイできるこのカードが弱くなることは果たしてあるのでしょうか。紫の世界、カクメイミラージュの2種ドローネクサスからの2プレイを可能としており、その唯一無二性を考えるとこのカードに勝カードがないと判断しました。


・紫の世界、カクメイミラージュIMG_4968

IMG_4969

FullSizeRender


cip1ドローネクサスはいつの時代も強いものです。懸念点として、機竜のドラゴンズミラージュがヤバそうだなという考えはあるものの、それを使うために消費される手札アドの差し引きを考えるならこちら0に対して相手−1で損にならないため、紫のこれらネクサスは次環境でも活躍すること間違い無いでしょう。

個別に見ておくと、紫の世界はその制圧性能の高さに定評があります。特にエルサルバトールやデスアタラクシアとの組み合わせは強いの一言であり、カウンターを取れる防御カードとしても申し分ない性能を発揮します。

カクメイミラージュはハルヴァーディスとの組み合わせも強いカードです。ハルヴァーディスが転醒後7コストの竜騎士となることでハルヴァーディスが3回殴れるようになり、ブレイヴとの組み合わせをより強力なものにしてくれます。


・新しき世界IMG_4220

IMG_4221

軽減確保、バーストケア、コアブーストどの効果も強力であり、六色ゆえのデメリットを考えてもやはり強力です。またアヴァルケインを生かすためにもカウント2は早期に達成したく、転醒しやすいのはメリットです。


竜騎士関連

竜騎士デッキでメインカードになります。対象はハルヴァーディス、ヴォルスティン、アヴァルケイン、竜騎士専用ワイバーン、リターンズドラグーンとなります。


・ハルヴァーディスFullSizeRender

FullSizeRender

メインアタッカーです。散々語ってきましたが、このカード1枚からできることが多く、コストの軽さやレベル2維持コアの軽さも合わさり使っていきやすいカードです。なによりもこのカードが強いのは召喚時を使わずに攻めれる点です。ジャンヴァルジャンは召喚時のドローがついているためリソースの伸びこそいいものの、それゆえにバーストを誘いやすく攻めたいターンで止められてしまうことも多いカードでした。しかしこちらはファラオム読みでプレイして殴り始め、防御札を要求しに行ける点で裏目を抜けれるカードとしても強いと思います。


・ヴォルスティンBS55-021

BS55-021_b

主な役割は相手の絶甲、氷刃血解ケアと手札/トラッシュからアヴァルケインを出すことでの打点形成や貫通。なおこのカードを通すためにスピッツァーを入れた側面があります。主にダブルオー対面では相手にファラオムと絶甲が入っていることが多く、それらを止め、キングスコマンドまで要求値まで上げるためにこのカード+スピッツァーの組み合わせを要した背景があります。


・アヴァルケインBS55-X03


スピリット/ネクサス耐性付与により、紫の世界他世界ネクサスを突破するのに役立ちます。またこのカード、コアのトラッシュ送りがフィールドであるため、覇皇対面で厄介となる英雄皇の御盾のコアを外してバースト破棄耐性を剥がし、ヴォルスティン+スピッツァーでゲームを終わらせに行けます。


・竜騎士専用ワイバーンFullSizeRender

FullSizeRender

待望と言っても良いアンジィでサーチ可能な紫の起幻のブレイヴであり、転醒カードであるためヴィーナ神託時の回収も可能です。ハルヴァーディス転醒時効果と合わせれば確定除去と1ドローができ、シンボルもちなため回復効果とも相性が良いです。


・リターンズドラグーンBS54-069


主な使い方はヴォルスティンやアヴァルケインを展開して打点形成や防御を行う使い方です。なおこのカード、出せるのが竜騎士を持つカードなので竜騎士専用ワイバーンも召喚できます。できるなら増やしたいと思う1枚です。


防御札&バースト

該当はエルサルバトール、絶甲、デスアタラクシア(リターンズドラグーンも)


・エルサルバトールIMG_4966


ハルヴァーディスとの組み合わせで竜騎士に新しい攻め方を生み出した存在。紫の世界の他、竜騎士専用ワイバーン転醒により発動しても強気に使っていけます。なによりもハルヴァーディスで無限にセットし直せるのがやばいですね。


・絶甲


EoXCWhrUcAIKDOp

初め入ってなく、白の世界のハンデスを考えたらやはり必要になり採用しました。メタカードやグランウォーデンはどうしようもないものと諦めますが、一応イザナミ対面のシナツヒコとかはデスアタラクシアを絡めることで通しに行くことができますので他のデッキよりは通しやすいと思います。


・デスアタラクシアIMG_4960


グランウォーデンや白の世界のハンデスがない状況ならプリヘーリアを処理しながら紫の世界転醒まで繋げて氷姫対面でカウンターを狙えます。単純に覇皇対面でバゼルXが殴っている時に3コア以下のことが多いため、それを止めるには十分だったりします。


メタ枠

スピッツァーとアーマーバットが該当カードです。


・スピッツァードラゴンIMG_3308


入れざるを得ないと思っています。

バーストケアが難しく、環境的に召喚時バーストの使用機会が多い対面が増えているので、それを突破することを考えると必要でした。


・アーマーバットIMG_4965


主に導魔対面で使用します。メインの防御札である絶甲を封じつつアンブロで殴ってくる対面なのでこのカードを使って死ぬ気で耐えに行きます。相手が甘えてエルフィーリアコア2個載せならリターンズドラグーンからアヴァルケインで突破することも可能ですが不安なので採用。氷姫対面でも活躍することから取らない理由がない枠でししょう。


⚪︎不採用カード

珍しく書きます。ここからはある種不満に思った枠であり、不快に思う人が一定数でるのであんまり書かないんですが、思うことが多すぎたので書きます。


・ザクソン、竜騎士の創界石IMG_4957

IMG_4958
IMG_4959

考えたカードではあります。というのも次環境で機竜が流行った際にどかされないこれらのカードの価値が上がると思ったからです。ですが、紫の創界石ネクサスが他だと魔術皇の大創界石となり、結局ザクソンの効果耐性を活かせないと思い、どちらも不採用です。というか出たタイミング違うといえど、ゴウジッタやライサのようなカードの有無がデカすぎるから使えん。


・ヴァルジェットFullSizeRender


cip1ドローついてる竜騎士という点で、もし創界石を使っていく強い構築を考えるなら必要でしょう。スピッツァーというメタが必要なくなった環境なら魔術王の大創界石を使っていくことも考えられるので先々で採用の余地はあります。


・魔術王の大創界石IMG_4961

IMG_4962

書いてあること強いけど、今ヴィーナ等を押しのけるほどかと言われると微妙なところ。環境が移り変わればヴィーナ他六色カードの使用率も下がってしまうのにこのカードを採用する意味はって考えた結果、なら環境的にも多いバーストを貫通するスピッツァーや最高初動となるヴィーナに軍配が上がる、そんな考えです。


・ジャンヴァルジャンBS54-016

BS54-016_b

今回のコンセプトがこのカードの否定から入ってるので不採用。なおずっと思ってるけど2ドローはやはり魅力なので先々で両採用した竜騎士考えてる可能性がなくもない。


・スクライヴァーBS54-018


リターンズドラグーンでヴォルスティンから出すと1点って言えるけど、それならジャンヴァルジャン使うから使わないなら抜けます。


・ソーディアスドラグーン各種、キャメロットクイーンIMG_4954

IMG_4964


FullSizeRenderIMG_4953
FullSizeRender

唯一ケーニヒは強いと思ってました。が、一通り公開カードをみてミラージュが微妙だったので抜けてしまいました。


というのもソーディアスドラグーンを使うならキャメロットクイーンの存在は欠かせないものと考えており、そのクイーンをフル活用するならミラージュ存在時のドローまで使いたいのですが、竜騎士デッキにおいて有用なミラージュカードが多くなかったためです。そうなるとソーディアスドラグーンを介抱するためだけにこのカードを使うこととなってしまい、ジャンヴァルジャンを抜いてまで使うならジャンヴァルジャンを使った方が良さそうに感じてしまったのでなしになりました。


ケーニヒからアヴァルケインの動きはかなり魅力的なので、次弾以降も竜騎士強化を期待できるなら採用を再検討したいですね。


・ヴェルザリスFullSizeRender


こちらもソーディアスドラグーン介抱カードなので入れないなら入らない。


・アンブロースIMG_4955

IMG_4956

転醒タイミングが微妙すぎました。マーリンの効果を活かすならアタックステップ開始時までに転醒しておきたいのですが、何故かこのカード一度出してアタックするなりして転醒してやっと真価を発揮するということでちょっと遅すぎる。それならアヴァルケインを強く使っていけるヴォルスティンを通す方が簡単なので、僕には使うタイミングがあまり思い浮かばなかったです。


・ガレットレヴォIMG_4742


ドラゴンズミラージュの存在で以前までのそうそう破壊されないというメリットが薄れてしまった他、そもそもハルヴァーディスが2コアで動いていける、展開のコアを必要としないことからコア回収のメリットが薄れてしまいました。ジャンヴァルジャンをつかうなら当然強いと思いますが、この構築なら不要というイメージです。


・制服ガレットFullSizeRender


先行で貼れず重い、後手1でフルパワー出しにくい、起幻がないから現環境のカードにメタられる。一体何考えて作ったんだこれ。


・他の関連カード

ちょっと考えては不採用に。一目みて使おうと思わなかったので見落としがあるかもしれませんが、すぐに使うメリットは思い浮かびませんでした。


⚪︎終わりに

正直ですね、手抜きというか何を想定して作ったんだってカードが今回多くて不満が溜まりました。今回紹介したリスト自体はかなり自信があるので使っていけると思いますが、プールの広さの割に強さという補正をかけた際に使えるカードがかなり少ないと感じます。


アンブローズとかは顕著で、これが相手消滅時に転醒できたらステップ開始時でマーリン効果まで繋がったのになと、デザイン面もう少しどうにかなったんじゃないのかと思うところが多かったです。


発売前ということで実際に触ってより深く考えていけば評価が変わる可能性はありますが、現状の僕の評価は枚数の割には残念でしたとだけは言わせてください。


それでは。