前回の①に続いて残り三色の緑紫黒のデッキを紹介していきます。

※またもやデジカレシピクリエイターを利用させて頂いてます。公式にデッキメイカーないからマジで助かってます。

・緑Wカオス
IMG_4872

新制限対応ということで組み直したもの。レベル7が充実し始めている現状、バンチョースティングモンの評価は鰻登りであるとおもっています。そんな理由もあり、テイマーのミミ採用でバンチョースティングモンでの返しを取りやすくするのは今後の緑は必要であると感じており、また、殴り返しを容易にするためにもライラモンのデジバーストは有効に働くと思います。ライラモンでブロッカーを寝かして相手メインアタッカーを取り、更にカオスモンを重ねることで詰めていきたい狙い。

ニーズヘッグモンは返しとしては強いものの枚数調整はするべきかもしれませんね。

・紫カオスデューク
IMG_4871
IMG_4877
※2枚の画像修正

紫だけ2パターンの紹介です。

上段はオメガモンズワルトDEFEETを使ってみたかったので簡単に組み合わせられそうだったカオスデュークモンに合わせてみたもの。実際カオスデュークモンにレベル7を重ねてしまうのは少し勿体ないと感じており、対してDEFEETは無理に重ねに行く性能でないため上手いこと噛み合わないかなと枚数調整しながら考えてみました。作ってみて思ったのですが、デビモンに除去を依存しているのでジャックレイドはトランプソードに変えた方が良さそうです。まあ、4枚である必要はないですけどね。

下段は実際にカードが届いたので作ってみたもの。カオスデュークモンを起点に動こうと考えた際にやはりメモリー3以上は必要なのです。というのも、ブラックメガログラウモンのデジバーストを起点に、

メガロデジバースト→ギルモンをリアニメイト→カオスデューク進化、進化時効果でギルモンを消滅させつつ相手レベル5以下除去→ギルモン効果でメモリー+1→カオスデューク効果レベル3リアニメイト
と繋がる関係で進化コスト4からマイナス1したメモリー3がカオスデュークモンの必要メモリーとなり、それを手に入れる手段としてはヤマトを置くかジャックレイドが必要になると感じます。従って、トラッシュを10枚用意するのを一つの準備とすることにしました。

そこで相性が良かったのがインプモンです。1枚目の育成でパグモンが出たとしてインプモンを重ねてアタック、消滅までいけばパグモンとインプモンで2枚、更にパグモンの消滅時の破棄で2枚、そしてインプモンの消滅で3枚の計7枚のトラッシュが増えます。そして2枚目の育成でブラックメガログラウモンまで育成を目指しますが、この過程で1枚ぐらいはセキュリティを削られると思うので、そうすればメガロデジバーストでレベル3をリアニメイト後もトラッシュには10枚のカードがある計算になり、ジャックレイドの要件を満たせるのでカオスデュークモンに繋げることができるでしょう。

また、カオスデュークモンに繋げ、前述のカオスデュークの効果によるレベル3の展開をインプモンにすればトラッシュ10枚によりベルゼブモン進化へと繋がり、レベル6を2面並べて返すという択が取れるようになります。レベル7進化ももちろんありですが、相手からすればカオスデュークモンが残ってる方が普通に不味いと思うので、こちらから攻める展開を作るならレベル6の2面の方が有利に働くと感じ、このような択を取れる調整を施しました。

なお、オメガモンズワルトで2面並べたいカードがそこまでなかったのでミレニアモン採用です。ズワルトは確かに強いですが、紫よりも黒の方がブロッカーの存在も相まってレベル5で吊り上げて強いカードが多いので、紫ではミレニアモンの方がまだ評価高いですね。

・アソボ?
IMG_4873
ディアボロモンですね()

個人ごとですが、せっかくアーマゲモンのパラレル4枚集めましたが考えてたら3枚になってて悲しいです。

展開としては2弾クリサリモンを進化元にした2弾インフェルモンを用意し、今弾の進化時にトークンを展開するディアボロモンになることで1コスト進化します。そのトークンをコストにアーマゲモンになり、相手レベル7進化を封殺して頑張って殴り倒します。

正直上記展開のみだとかなり微妙なので、やはり真田アラタを貼って展開していきたいですね。理想1枚目の育成ではアラタを展開できる今弾のクリサリモンへ、2枚目で上記展開としてトークンを切らさないように心がけたいところです。アーマゲモンの速攻を活かすならアラタ2枚以上を目指したいところでもあり、アラタ4枚投入はもちろんのこと、黒4コス太一の採用も考えても良さそうです。

なお、アルティメットフレアは黒待望?の範囲除去かつほぼ確定除去なので使ってみたかったカードです。まあ自由枠です。

以上です。どれか一つでも参考になったら幸いです。

それでは