※デジカレシピクリエイター様を利用させていただいております。

実際に作った、カードが届いたら作るデッキたちのメモ置き場として利用しつつ公開していきます。

・赤進撃
IMG_4857

シャウトモンDX主軸の進撃デッキ。
シャウトモンDX進化時の進化元に入れる効果により、オメガシャウトモンを入れる事でセキュリティアタック数を増やすことができるためダメージレースを有利にし、ジークグレイモンなら進撃効果でのデジモンへのアタックにより盤面を取りに行くという使い分けが可能になっています。
今回採用したライズグレイモン+大門大の組み合わせですが、ジークグレイモンが"グレイモン"である進撃なので相性が良く、メモリー2貰った状態から、ライズグレイモンデジバースト→大配置→ジークグレイモン進化から進撃でアタック(メモリー-1)→大効果でメモリー増加(メモリー±0)となるので進撃効果を使いつつターンを渡さずにプレイでき、ここからオメガモン進化まで繋げれば2連続の進撃が可能です。なお、ライズグレイモン進化元効果により合計マイナス4000を振れるのでレベル3デジモン程度なら倒せますね。

また、ライズグレイモンからのムーヴはシャウトモンDXとも相性は悪くなく、相手レベル7進化の返しとしてシャウトモンDXの焼き効果でブロッカーを排除しつつ、ライズ効果のマイナス効果で最低でも14000までは相打ちに持ち込めます。アグモンやシャウトモンを進化元に入れれば一方的に打ち取ることも可能です。なお進撃の裁定で、進化時にアタックの宣言とレストまではするものの、アタックの処理の前に進化時効果が挟むので、DP7000以下のデジモンをライズ効果でマイナスしつつ焼くというのはできないのは注意です。逆にいうとシャウトモンDXの効果で後からライズを入れてもマイナス効果を使えるということでもあるわけですね。
FullSizeRender
※公式サイトのスクショ

・青オメガ
IMG_4860

1.2弾環境の覇者が帰ってきました。
ネックでもあったオメガモンが引けない
問題やパワーラインの低さを解決するカードとしてガブモンとツノモンが追加され、僕の考えた最強の常時16000ラインオメガモンを簡単に作れるデッキが爆誕しました。この追加は1弾SRであるメタルガルルモン強化とも繋がっており、進化元に登場時回復を待つガルルモンを用意しやすくなり、その運用難易度はかなり下がったと言えるでしょう。

また、制限による緑の減少により、テリアモンによるハンスパ制限もされにくくなった他、黄色での使用率が高いカオスモンヴァルドゥルアームへの回答である消滅時メタ効果をもつメタルガルルモンを今回手に入れ、環境への追い風となっていると思います。個人的にはハンスパによるまくり性能やヴァロドゥルアームへの牽制力、そもそもの安定感など広いデッキタイプへの対応が可能な点を評価しており、再度使用するだけの理由は十分に揃っていると考えています。

・黄ロードナイト
IMG_4861

環境トップだと思っています。4弾SRであるウォーグレイモンと違い、自分セキュリティを削らずに展開できるため相手に攻めではなく守りの択を押し付けることができ、メガログラウモンデジバーストからナイトモンで-4000を振り分けしつつレベル5を展開できるため、そのままナイトモン上にスラッシュエンジェモンを重ねれば、-8000効果と−4000×2を自由に振り分ける事で、
レベル7ラインを1体(-16000)
レベル5ラインを2体(-8000×2)
レベル6ライン(-12000)を1体とレベル3ラインを1体(-4000)
と言ったデジモンを処理しつつレベル6を2体残してターンを返せます。もちろんロードナイトモンにヴァロドゥルアームを重ねればより広いラインを処理できますし、ロードナイトモン1枚から繋がるその展開は非常に幅が広いです。

このように盤面取りに関しては文句のつけようがないほど強いので、絶光衝のセキュリティが減るデメリットも気にしなくて良く、その使い勝手は前環境のウォーグレイモン以上であると感じています。

今回、ナイトモンは進化に使用したくない関係でレベル5を少し厚めに入れていますが、セイレーンモンの1枠は自由枠だと思ってるので、レベル4を増やして進化を安定させてもいいと思います。

・次回は残りの3色の紹介を使用と思います。

それでは。