単純に1枚のカードを評価し、その使い方を考えてみようとかいうそんなタイプの記事にしよう。


としたら普通に長くなった、ごめんなさい。


※一回公開した後にミスってて再公開してます、失礼いたしました。

image

image


①強いと思う点

このカードが強いと思う点は二つあって、

1.ネクサスを回収できる

2.攻めの起点となる

この2点が強いと思います。


1.ネクサスを回収できる

導魔といえばトラッシュを増やしてメルガ召喚からハンドを整えて攻めていく、そんなデッキですが、防御札を回収するのはクレオパトラスあるいは渚のトリックスターと言ったマジック回収に別途頼る必要があります。それらのカードがあることで、導魔の特性としてロングゲームができるだけで、防御に厚いかと言われるとそんなことはなく、実はかなり黄の世界の防御性能の高さに依存しているデッキです。


そんなわけで、黄の世界を拾える、この1点でまず強いと思います。


2.攻めの起点となる

転醒時にコスト6以下の導魔をリアニメイトできますが、要はエルネーゼ出せるんですよね、これ。

image


この時点で強いのがなんとなくわかってもらえると思います。エルネーゼとこのカードだけでも6点分作っちゃうので急にゲームを終わらせるのに必要な打点を揃えられるのはこのカードならではかと。また、このカードで出したスピリットは召喚時効果が使用可能であり、フェデルマを出せば相手のシンボルを消しながら殴りにいかと言った芸当も可能です。これでわざわざフェデルマを攻めで使いたいから抱えておくなんてことをしなくてもよく、積極的に切っていけるのは便利そうです。


②弱いと思う点

創界石全般に言えることですが、導魔の創界石(以降石)はシンボルがないのがどこまでも足を引っ張りそうです。先行デメテール→石や、後攻黄の世界→石と言った動きができれば良いですが、このカードのみでスタートするのは正直弱いですし、またこのカードを入れることでデッキのネクサス比率が上がることでネクサスによって事故りやすくなり、デッキを回しにくくなってしまうと言った可能性もあります。


現状の導魔のネクサスは基本、ヴィーナ、デメテールは大体3枚ですし、さらに黄の世界、新しき世界、さらには魔導神殿もといった感じでネクサスだけで12-15枠が既に埋まっており、そこに石まで積むのはまあ難しそうです。そこはデッキ作る人の感性で調整することにはなりそうですが、いくら回収効果がついていて、機能した際の魅力があるとはいえ、シンボルのないカードを3枚詰めるのか?と言われるとここは悩ましいところですよね


③実際入れてみた

石採用してどう変わるかは気になったので適当に試してみました。


サンプル

バトスピ部

https://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/202010/11602686319847_20201014.html


image


シンボルないあたりがそっくりだったので、僕の最初のコードマンだったノノインニルオンに創界石の代わりをしてもらい、とりあえず3枚で回してみました。


マジック回収枠はパトラスではなく、導魔神のリアニメイト範囲にある渚のトリックスターを使用しています。


・結果

3はやりすぎかもしれない

石を使ったイメージなんですが、石のみスタートした際の弱さがやっぱり気になって早々に減らしたくなりました。起幻ちゃんと持ってて、シーカーパイオニアで拾えますし、なんならちゃんと転醒カードでヴィーナで拾えるので事故怖いなら2枚で良いかなーって印象は常につきまとうと思います。


②機能した際の性能は予想以上

回収により黄の世界を貼るのが容易になったのはやはり大きいです。たまにメルガやデメテールで黄の世界2枚以上落としていやこれどーするのさ、みたいな試合がたまにあるんですが、それをこのカードがあればケアしてくれるのもポイント高かった。


攻めに関していえば、後攻スタートでヴィーナデメテール石スタートして魔導神殿拾っておいて、魔導神殿からデメテール神技魔導神殿転醒からテスモポロスで後攻2キルしたのは噛み合いすぎてびびりました。


テスモポロスQ2参照。

なんなら自分で半年前に記事書いてる時にできないって言ってたのを忘れてました(反面教師にして下さいorz)。


また、リアニメイトの方も強く、デメテール石、2ターン目神殿パイオニアシーカーみたいに準備しておいたところから、3ターン目にデメテール神技魔導神殿転醒石転醒エルネーゼ釣るエルネーゼアタックから転醒これで6点作れてしまうので、だいぶ攻めの形を作りやすくなったなと思いました。こんな感じで噛み合った際の出力はちゃんと持ってるので3枚って構築も無しではなさそう。

※テスモポロスの例を考えると魔導神殿転醒で解封出来なさそうなので1枚何か挟む必要ありそう。その点は後で出てくるリルラは相性良さそうですね。


③組み合わせて間違いなく強いカード

1.リルラ

image

image

このカード1枚で2コアの解封を進めることができ、さらにコアブーストしながらテスモポロスを絡められるので除去と展開と打点形成兼ね備えるので評価一変しました。今回回してる最中にこのことに気付いてサンプルに入れてませんが、間違いなく石使うならこのカードと合わせたいです。このカード使うなら3枚の構築全然ありだと思います。


2.エルネーゼ

image

image

やっぱりこいつがNo.1アタッカー。

このカードも1枚で2コア分の解封を進められますし、なによりこのカードは起き上がるのでブレイヴとの相性が良すぎます。導魔神で釣り上げたい候補No.1でもあるので確実に使うために3枚でも良さそう。


3.テスモポロス

image


いや知ってた。

アタックステップ開始でこれ拾ってリルラやエルネーゼで殴って来られるのかなり鬱陶しかったです。テスモポロスの回収が容易になるのもやはり石の魅力。


4.キテラ

image


バーストで相手の妨害ができるほか、カウント増加時にも使用できることで石の解封にも役立つ。


リルラ転醒キテラバースト石転醒フェデルマという動きでバーストを封じながら、ブロッカー及びシンボルを消しつつ詰めに行くと言った芸当も可能になり、このほかにもこっちも相性は悪くない。

image


なお出しやすさ的にキテラに軍配が上がる


④作り直した

最後に作り直したリストを載せてサラダバー。


バトスピ部

https://club.battlespirits.com/bsclub/mydeck/decksrc/202010/11602689844148_20201015.html


image



それでは。