※画像はゼノンザード公式より


今やらないでいつやるんだ今でしょ?(ネタが古い)


バトスピ勢がみてることの多い当ブログ。この波に乗らないわけにはいかない(知人に煽られたから多少の義務感を背負いつつ書いていこうと思います)


⚪︎コラボ概要

*収録について

今回のコラボは主にバトルスピリッツブレイヴからの収録、一部少年激覇ダンからの収録もある。赤白紫の3色はガッツリ収録、残りの緑黄青はバトスピでは"12Xレア"と呼ばれる光導十二宮をモチーフにしたカードが2種類ずつのみ収録されている。この色配分からわかるように、バトスピコラボをもしガッツリ楽しもうとするなら赤白紫の3色のいずれかをメインにデッキを作るのがオススメだ。なお、ゼノンザードにはワイルドランドと呼ばれる黒(どの色からでも出せる色のないカード)が存在し、そこにも一部コラボカードが収録される。後述するが、中でも放浪者ロロはバトスピコラボデッキにおける必須カードとなるため、どのデッキでも使われることになるだろう。

IMG_3865


*各色の特色とか

ゼノンザードにもバトスピのような色ごとの特色があり、これがバトスピコラボにも反映されているので簡単に見ておこうと思う。

・赤

主にBPをマイナスする効果が多く、小型の多面処理が行いやすい。なおBP0になればゼノンザードではそのミニオンは破壊される。バトスピでは続くテキスト次第だがゼノンザードでは破壊と異なる。

バトスピコラボでは主に馬神弾、そして彼の使用したアポロドラゴン達やジークヴルム、メテオヴルム言ったヴルムなどのドラゴン。そして星座モチーフのレオグルスやユニゴーント、さらにはバルガンナーやフェニックキャノンといった懐かしのカードが収録される(なおバトスピ勢からするとこいつらリメイクされてるのでそんなに懐かしくない。なんならリメイクされたフェニックキャノンは現役すぎて今なお見かける)IMG_3845

IMG_3867

IMG_3868
IMG_3849
IMG_3851


・紫

ミニオンの除去やリアニメイトが得意。まあありがちな特色。破壊時効果が多いのもこの色、バトスピ勢にはわかりやすい。

紫のコラボ収録は主に紫乃宮まゐ(ヴィオレ魔ゐ)と彼女の使用カードが占める。その他はアニメ登場のペンドラゴンやデスヘイズと言ったブレイヴ、そしてシキツル(なおこいつはブレイヴに登場してないのに何故かいる。これが公式優遇)など。ダークヴルムノヴァが収録されており、赤に収録されるジークヴルムノヴァと合わせればダブルノヴァデッキを再現することも一応は可能。IMG_3869

IMG_3872IMG_3854
IMG_3855IMG_3870
IMG_3871

・白

防御が得意な色。バトスピとちょっと違うのはボードコントロールが得意な色でもあり、強制ブロック効果や除去効果も結構多い。除去は紫と違いコスト参照のものが多く、特にコスト5以上の除去が強かったりする。

白のコラボ収録は、弾のライバル月光のバローネと彼が使うストライクヴルムやザニーガン等のカード、そして少年激覇登場の百瀬勇貴と彼のキーカードイグドラシル、グランウォーデンが収録される

IMG_3863

IMG_3874
IMG_3877
IMG_3873
IMG_3875
IMG_3876


なお、全色に"12Xレア"のカード達が2種類ずつ収録され、まとめ上げるリリアもいるため12宮デッキも構築可能。なお、生成コストがえげつないのでオススメはしないからやるならコンビニへ走れ。


⚪︎コラボ特徴について

*軽減とコアシステムの再現

今回のコラボでは主にバトスピの軽減とコアシステムをゼノンザードならではの方法で再現している。

"軽減"に関しては場の同色の数だけコストがマイナスされるというバトスピの軽減シンボルを表した効果である。

もう一つのコアシステムだが、ゼノンザードの特徴であるマナの移動で再現されている。ゼノンザードはターンに1度、場とマナのカードを双方に動かせる移動権というものが存在しており、これがこのゲームの最大の特徴となっている。最近では、このゲームシステムを上手く使った"加護"という能力が良く使われており、加護とは、マナの加護の能力を持つカードを条件を満たしたミニオンに付与することで強化するというもの(中には変身と言って、加護を付与するとカード効果が変化するものもあるが今回は割愛)

※加護の実際の使用例

IMG_3840

加護を付与できるマナは菱型の白枠に囲まれている

IMG_3841
実際の移動、ミニオンに対して→を伸ばしてくっつける

この加護によってスピリットにコアを載せて強化するというバトスピのコアシステム、またスピリットへの合体で強化を行うブレイヴが再現されているのが今回のコラボの最大のウリと言っていいだろう。

※これがコアのベースミニオンカード。これをミニオンに付与することで発揮する効果があるのが本コラボの特徴

IMG_3882



*カードバトラー達について

バトスピのキャラクター、それこそ弾やバローネはカードバトラーというベースミニオン(マナにおく専用カード)として登場しており、同名カードを置くにつれて強いミニオンが手札に加わる効果で登場している(ゼノンザードでいうところのエヴォーカーというカードに近い、興味があったら調べてみてほしい)

これらのカードは同名のカードを置かなければいけない都合どうしても思うように最終段階の切り札を手に入れにくいが、その分強力な効果を有しているものが多い。弾を例にしてみると、

・弾lv.1→ブレイドラ

IMG_3845

IMG_3842

0コストで出せるミニオンなので軽減効果のあるバトスピコラボと相性が良く、召喚時にカードバトラーやブレイヴを探して来れるため、デッキの潤滑油となる(なお軽減コストとして消滅されるなら5体盤面埋めてブレイドラ消滅されるようにだせば可能)


・弾lv.2→ジークアポロドラゴン

IMG_3846

IMG_3843

指定強制ブロック効果(回復状態の指定アタック再現)と加護時にBP600以下を破壊できる。600以下というと、低コストから高コスト域までかなり広い範囲で除去を行なえる。


・弾lv.3→ライジングアポロドラゴン

IMG_3847

IMG_3844

相手ミニオンを強制的にアクティブにした上での強制ブロック(バトスピでいう指定アタック再現)と加護付与時のバトル勝利時におまけで、相手の場のBP800以下のミニオンを破壊できる。基本的にBP1000を超えること=高ステータスのこのゲームにおいてはゲームを決定づけるフィニッシャーとなる。


こんな感じで段階が上がっていけば、より強力なカードが手に入るのがカードバトラーの特徴。弾意外にもヴィオレ魔ゐ、バローネも同様の能力を有しているため、バトスピコラボデッキでは必須となってくること間違い無い。


⚪︎コラボ内オススメカードについて

割とガチなゼノンザードプレイヤーでもある僕(公式大会で2度名前載せられるぐらいはやってるイキリ)から見て強いと思うカードについて語っていこうと思う。

*赤

・カメレオプス

IMG_3848


元のカードのシンボル追加効果を軽減を追加で満たす効果として再現。赤1コスかかるカードなので赤マナのブレイヴやカードバトラーを引けてないと出せない可能性もあるが、1マナで2マナ軽減できると考えれば潤滑油として性能が高いのは伺える。デッキ全体の赤マナ比率にさえ注意すればデッキ全体の回転が上がると思う。


・ユニゴーント

IMG_3850


"連携:カードバトラー"という見慣れない能力から。連携とは後に指定されるベースミニオン(今回ではカードバトラーのカード)が、そのターン中に置かれていれば1枚ドローできる効果。つまり、弾が置かれたターンにユニゴーントを出すとドローのおまけがつくと考えて貰えば良い。

このカードは連携以外にも、登場時にブレイヴのベースミニオンを探してこれる。このブレイヴサーチに色指定がなく、他色もサーチできるため、赤t他色と言ったまさにブレイヴ使い馬神弾のような構築がこのカードによってできる。赤中心のブレイヴデッキの核となることは間違いなく、とりあえず3枚つくるべきカード。


・ジークヴルム

IMG_3867


登場時にカードバトラーをサーチでき、バトスピのキーワード能力:激突そのもののブロック強要効果を持つ。4コス500というパワーバランスが良く、白の除去をすりぬけながらボードコントロールができる。ブレイヴをつけるにもコスト4のこのパワーラインは非常に扱いやすいと思われるので、赤デッキでコラボを楽しむなら是非作っておきたい。


・ジークヴルムノヴァ

IMG_3852


要件達成の難しさはあるもののその性能は流石に高い。召喚時を使えずとも、仮にこのカードが5マナ程度で登場するなら、そのBPの高さも相まって相手にかけるプレッシャーは大きい。仮に召喚時を使うなら、ジークヴルム等のドラゴンミニオンを一度ベースに下げ、ノヴァ召喚ターンに移動権を使いドラゴンを用意することで達成する使い方がいいと思う。なお、加護をつけるならコアよりもバルガンナーかメガバイソンが良い。


・馬神弾

IMG_3845


lv.1で手に入るブレイドラが既に強いので必須。ジークアポロ、ライジング共にゲームを決めるに近い効果を持っており入れない理由がない。


・激突王ダン

IMG_3878


中学生時代の弾くん。"襲撃"という、出したターンでもプレイヤーにアタックできるという能力をそのターン中に出るBS/ドラゴン1体に付与できる。

このゼノンザードというゲームは基本的に、そのターン中に出したミニオンはプレイヤー本体にアタックできず、フォースと呼ばれるプレイヤーの分身のようなものにしかアタックできない。襲撃を持つカードはこの原則を無視してプレイヤーにアタックできる効果であり、前述のジークヴルムノヴァクラスのカードがその能力を持つことは一気にゲームを決めることができる。配置タイミングに気を使わなければならないが、決まればゲームエンドに持ち込める強力なコンボを実現できるため採用を検討したい1枚。


・バルガンナー

IMG_3849


赤最強のブレイヴ。BP300焼きは赤のBPマイナス効果と合わせれば大型のミニオンすら破壊できるようになり、なによりも1枚ドローがついてるのが偉い。ブレイヴの範囲3以上のBSと緩く、あつかいやすいため赤ならまず採用。


・フェニックキャノン

IMG_3851


このカードはメタカード的な立ち位置。ライフ4のフォースと言ったらフォースの中でも強力なものばかりなのでそれを割れるのが強いという評価はできる。強いには強いが優先度は低く、1.2枚入れておけば十分。


・サジッタフレイム

IMG_3853


赤の新しい焼きマジック。2体に火力を分散できるのが新しく、今後の赤デッキ全体で採用されうるため注目の1枚。


*黄

(ジェミナイズが専用デッキで使えるぐらいなので割愛)


*紫

・シキツル

IMG_3854


カードゲームやってればわかる、cipドローは強い。ついでにこのカード、"スイッチ"といっても指定種族のカードが出ると召喚時が使える効果も持ち、指定ミニオンの召喚がそのままドローに変換される。2コスと軽くデッキの回転を早めるカードであり、指定のデーモンが既に数のある種族なのでシキツル自身の評価も高くなる。


・ダークヴルムノヴァ

IMG_3855


バトスピのブレイヴキラーといえばこれ。加護(ブレイヴ含む)を持つミニオンを破壊し、前述の加護付与時に変形する効果を持つミニオンも破壊できる。要は加護は許さんということ。主軸になるというよりはメタカードとしての立ち位置になるものの、既に加護を持つカードは広く使われており、現状の環境でも使い道の多いカードと言える。


・シュタインボルグ

IMG_3857


トラッシュ回収メイン。軽減で軽くなる効果が紫のリアニメイトによる横展開と噛み合っており、トラッシュ肥やしで落としたキーカードを回収できるのが強い。


・グリーディコア

IMG_3879


コスト制限があるとはいえ3コスで400マイナス付与は強そう。付与はターン経過後も解除されず残り続ける効果なので、400マイナスされたBPは戻らない。このカード2枚やシュタインボルグアタック時の効果と合わせて除去していくと良さそう。


*緑

(悪くないけどそこまで強くない)


*青

・スコルスピア

IMG_3880


コスト軽減で軽く出せ、さらには有色の加護1枚でDP(プレイヤーに与えるダメージ値)が増えるためアグロ系等のフィニッシャーになれそう。かねてよりある青アグロや青ビートに入りそうな性能してる。


*白

・キグナスワンMk-

IMG_3858


ベース交代時のBPプラス200付与が強力。後述のルナテックストライクと合わせて強固な壁を作り上げる。


・グラニム

IMG_3859


"連携:ブレイヴ"によりドローソースとなり、ターンエンド時にミニオンをアクティブにする再起をBSミニオンに付与できる。コスト帯も使いやすい部類であり、白を使うなら採用される。


・アクアエリシオン

IMG_3860


個人的一押し。コスト軽減で軽くなり、自分ターン中相手のマジックの効果を受けないためアタックを通しやすい。現在のゼノンザードはフラッシュでのマジックの攻防がごく当たり前に行われる環境であり、このカードのような自ターン中の除去耐性を持つカードは非常に有用。このカードにメガバイソンをつけ相手ターン中の除去にも耐性を与える使い方が強そう。


・グランウォーデン 

IMG_3876


前述のアクアエリシオンでも述べたように、当たり前のようにマジックの除去が飛び交う環境なので着地できるなら強そうではある。しかしながら、もしアタックのためにマジックを止めるだけなら、アンドロイドにもっと手軽なカードがいるので軽減で差別化できるかどうかが重要。


・月光のバローネ

IMG_3863

IMG_3862

lv.3まで育てた際のルナテックストライクヴルムがめちゃくちゃ強い。ブレイヴを付与すれば相手効果で選ばれなくなり、そこにメガバイソンを合わせれば全体破壊効果のパンデミックも気にしなくて良くなる。BPがコストの割には低めだが、キグナスワンで補強が出来る。


・メガバイソン

IMG_3864


ブレイヴ最強候補。破壊されなくなるのが本当に強い。これを使えるのがバトスピコラボの強みとすら言える。


・インビジブルクローク

IMG_3881


本家バトスピでは禁止カード()

耐性つけたアクアエリシオンやルナテックストライクヴルムに使えば強力。


*黒

・放浪者ロロ

IMG_3865


カードバトラーサーチ効果を持つ。弾やバローネを使う関係このカードはバトスピコラボを最大限楽しむために真っ先に作る必要のある1枚であり、避けて通れない道。場持ちの良さ、何色の軽減にもなれる効果により絶対に採用されるカード。


・北斗七星龍ジークアポロドラゴン

IMG_3866


本家北斗のブレイヴ踏み倒しをなんと山札から行います。単純にマナを減らさずにブレイヴを扱えるのが強く、加護時のおまけでドローがつくのも本家同様。


なお、追加カードで化けうるので持っておくに越したことはない

IMG_3868



⚪︎終わりに

新弾のアップデート終わったらいくつか実際にデッキ作成&紹介していけたらと思います。


それでは。