555は話が難しくて何やってるのか全くわからなかったhitoyasumiです。後になって話を聞くとベルト奪われたりしてたらしいと知りました。何それ。


仮面ライダーの記事書く恒例行事として軽くwikiを眺めてから書いてはいるものの、555に関しては再現度が分かりにくいと感じているのでその手の話は今回省きます。



⚪︎追加カードの話

今回の弾追加分の話から


・ファイズ[3]IMG_3401


デッキトップ3枚から指定カードサーチというお馴染みの奴とカミムスビハイドラのようなメイン中のシンボル追加を持つカード。効果自体もさることながら軽減も2つ付いてるのも強く、これ1枚で後攻1ターン目にこれ、スマートブレイン社と張れる他、各種オルフェノクの軽減を簡単に満たせるように。


・デルタ[2]IMG_3402


無色として扱いつつ12000以下のスピリットを破壊する効果とレベル2から2コア以下のスピリット/アルティメットを破壊。正直6コストでやる効果じゃない。


・アクセルフォーム[3]IMG_3393


12000以下破壊のチェンジ効果とレベル2からターン1の回復効果。チェンジ効果はアルティメットも対象取れるのは強い。元々の軽減及びチェンジコストの軽減が多めで最小2コストで使える6コストの回復効果持ちなので、赤魔神とかをつけて3点を簡単に作れる。


・ローズオルフェノクIMG_3394


召喚時に対象カードサーチとスマートブレイン社があれば配置。効果は悪くないが見る枚数が3な点とファイズが入らないのはイマイチ。


・クレインオルフェノク激情態IMG_3395


召喚時2ドローとオルフェノクを捨ててスピリット3コアリザーブとレベル2からは破壊時にホースオルフェノクを2コスト支払って召喚。6コストではあるが軽減4つついててドローと除去兼ねるなら悪くないかなって範囲ではある。ただ下の効果生かしにくいのがちょっと気にはなる。


・ホースオルフェノク激情態IMG_3396


創界神のコアを外して回復とシンボル1つのスピリット破壊でシンボル追加。悪くないけどこれを煌臨してやってる余裕はないと思う。


・仮面ライダーオーガIMG_3397


これ劇場版のボスなんだよね?なんでこんな弱いん?


・カイザ[2]IMG_3398


仮面汎用バースト。ライフ現状時バーストではあるが、3体以上スピリットがいればアタックステップ開始時にも発動できる。バースト効果はコア3コア以下のスピリット/アルティメットを3体破壊。何故かアタックステップ開始時の発動にはスピリットのみでバースト効果はアルティメットをちゃんと対象に取っていたりする。レベル2からはスピリット1体をブロック不能にし、バトル終了時に破壊。Q&Aにもあるがこのカードがバトル終了前に場を離れても破壊効果は発揮する。このカードがいなくなってもバトルの間にかかる効果だからね(バトスピ用語)


・ウルフオルフェノク疾走態IMG_3399


めちゃくちゃ強い。チェンジによる入れ替えのアタック込みで考えるとレベル2のシンボル追加及び回復と合わせて5点が取れる他、創界神のコアを外せるためゼウスなどの除去、アマテラスの神域など多くの盤面で活躍が見込める。チェンジ対象はファイズのみなので狭いが、そもそも軽減6つと多いので出そうと思えば手出しも十分に可能。シンボル追加効果はターンにかかる効果なため回復したこのカードにブラスターフォームが煌臨するとシンボル増加が引き継がれるため使う場面があるかもしれない。


・変身!ファイズIMG_3400


神技で無色として扱いつつ2コアを外せるフラッシュ効果と神域達成で自分のスピリット全てが指定アタックできるように。これの登場によりブラスターフォームの5点アタックが狙いやすくなった他、装甲に弱かったファイズの対抗手段が増えた。ちゃんとどちらの効果もアルティメットまで対象に含んでおり、オートバジン ビークルモードではできなかったアルティメットへの指定アタックも可能に。

なお今回の創界神で一人だけシンボルの色が変わる。何故クウガは変わらなかったのか。


⚪︎デッキ解説

555はウルフオルフェノク疾走態を使えば一応後攻2キルは可能です。ただジオウの先行2キルのようにすごく速いデッキではないので、アドバンテージを稼ぎながら堅実に戦うデッキだったりします。故に555デッキの印象としては赤というよりは紫デッキのイメージが強いです。

ブラスターフォームで勝ちに行く一撃5点のルートかウルフオルフェノク疾走態を使ってビートをかけるかを選択して戦うことになりますが、どうしてもブラスターフォームのルートは時間がかかるため、その間に相手に耐える準備をされてしまいやすいです。指定アタックの5点もアタック時のバーストや装甲等で防がれてしまうため、時間がかかればかかるほど決めにくくなるというのは感覚としてわかると思います。そこでちょっとした小技を混ぜ入れます。


バトスピ部


https://www.battlespirits.com/mydeck/decksrc/202003/1585581325.html


ファイズ

ファイズ[3]

スネークオルフェノク

クレインオルフェノク

センチピードオルフェノク

仮面ライダージオウ

スピッツァードラゴン

ウルフオルフェノク疾走態

ブラスターフォーム

カイザ[2]

紫魔神

変身!ファイズ

スマートブレイン社

ディバインチェイン(Re)

白晶防壁


ジオウ+ディバインチェインで手札のフラッシュを完全に封じるコンボを採用した555デッキです。このコンボ自体はジオウが出たときに思いついてはいたものの、どこで使うかと言うとあまり使いどころがなかったコンボだったわけですが、555のブラスターフォーム5点に時間がかかることから組み込んでみました。ウルフオルフェノク疾走態が出たことで盤面の創界神による防御手段にも対処できるようになったこともあり、紹介するならこのタイミングだと思ったわけです。



⚪︎動かし方

ウルフオルフェノク疾走態を使う方はただレベル2にして殴るだけなのでブラスターフォームの方を解説すると必要なのは、

1.ブラスターフォーム

2.紫魔神

3.変身!ファイズ

4.ブラスターフォームの隣に立たせる紫のスピリット

になります。

これらが揃い、変身!ファイズの神域達成更にはブラスターフォームレベル2の条件達成でアタックすれば、5シンボルの指定アタックができるためブラスターフォーム効果により5点となり、フラッシュによる防御を無視して勝利できます。



⚪︎ピックアップ解説

・センチピードオルフェノク

自身を回収できないので制限前レーディアのようにぐるぐるすることはできないものの、トラッシュを落とす効果の多いこのデッキにおいては必要どころを回収するためにも必須だと思っています。このカードの枚数取ることで他の枠を削り、全体のバランスを整えるのがファイズならではの組み方かと。変身!ファイズ神域達成の為にもこのカードは最大数取っていいと思います。


・仮面ライダージオウ

ブラスターフォームの煌臨元に。このカード軽減を6色として扱えるので赤紫の混色デッキとなるこのデッキではとても出しやすく、またディバインチェインを絡めたブラスターフォームとのコンボで装甲等で指定アタックできない際も一撃5点を通しに行けます。

やり方としては、ジオウに3コア以上載せアタック、先にフラッシュタイミングを使えるのでディバインチェインを使用、これで相手は手札のフラッシュ効果を全て使えなくなるのでそのままこちらのフラッシュでブラスターフォームに煌臨。これによって指定アタックできなくとも相手の白晶防壁等のフラッシュを封じつつブロックを強要できます。装甲等で指定アタックできなくともこのようにして突破することは可能です。ウルフオルフェノク疾走態の追加で創界神への対抗策を得た事でこのコンボを狙うに値する御膳立てがあったのも、今回このコンボを組み込んだ555を紹介したきっかけです。なお、武装Uのキャバルリーアーネジェウはどうにもならないからでたらそっとデッキに手を置くべし(所謂サレンダー)


・スピッツァードラゴン

こいつまたかって言われそうだが、俺だって入れたら強そうだなってデッキ選んどるわい苦笑


コホン。

真面目な話なんでもかんでも入れれば良いわけでなく、コアが増えにくい赤や紫のデッキやドローソースに秀でてる青デッキが一つの入れれる基準であって、とりあえず採用すれば良いって類のカードではないです。このデッキの場合軽減を満たしやすいため普通に出してブラスターフォームの煌臨元にしたり、アタック時効果の回復と合わせてブラスターフォームを使うなど組み合わせ方がちゃんと考えられるので採用しました。勿論目的のバースト破棄もブラスターフォームと相性良し。ファイズのサーチには勿論引っかからないが、スマートブレイン社のドロー追加やスネークオルフェノクのcipドローなど引く手段をちゃんと有してるからこそ入れられるカードです。


・ブラスターフォーム

このカードフィニッシャーなのに2枚で良いのかと言う話ですが、逆にこのカードゲーム中に3枚使うかと言われたら使わないし、なんなら勝つタイミングで1枚持ってれば良いのです。1枚トラッシュに落ちればセンチピードオルフェノクで回収できる事もありファイズで純粋に組むなら2枚でも足りると思います。勿論センチピードオルフェノク抜きなら3枚取るべきではある。


・紫魔神

赤魔神ではない理由はただ一つ、後攻でゴッドシーカー除去しながら出せる、これにつきます。今のバトスピは相手のテンポを崩していかないと遅いデッキは簡単にやられるのでこれができるだけでも赤魔神よりも紫魔神の方が良くないかと思っています。

勿論ブラスターフォームで5点作る際に指定アタック先を破壊してしまったり、破壊時バーストを踏んでしまい指定アタック先を消されて通常アタックになってしまうなどのデメリットもありますが、何も毎回5点で殴る必要ないのでウルフオルフェノクでビートダウン仕掛けるにしてもこっちの方が便利だと思います。嫌なら赤魔神にして下さい。どっちもメリットはあります。

なおこっちは油断したキャバルリーアーネジェウのレベルを下げれるメリットもあるので意識するならこっち。


・ディバインチェイン(Re)

ゲーム長引いて5点プラン取らざるを得ない時の手段の一つでしかないですが、ソウルコア維持しておくとバーストタイミングずらせるカードにもなります。3コアも払う余裕が初期の段階であるかは別として。



⚪︎終わりに

ただ指定アタックするだけでない555デッキを紹介しました。ところで、ジオウ+ディバインチェインのコンボを狙うのに2枚ずつしかカードを入れてなくて揃うのかと言う疑問があると思います。それに対する回答としては、1枚ずつしか使わないのだから1枚ずつは落ちても問題ないという考え方があります。

このデッキの場合スマートブレイン社があるので時間が有ればデッキに残ってるカードは引きこむことができます。そう考えた際に、デッキの中に欲しいカードを残す立ち回りを意識していれば、いつかはコンボパーツを引くことができるわけです。これは555デッキ以外にもデッキからトラッシュしてしまうカードを使うデッキ全般に応用できる考え方であり、特に555デッキはそういった状況に陥りやすいデッキだと思います。上記コンボでなく、まず採用されるであろう赤魔神や紫魔神に目を向けても、

・デッキに何枚残っているのか?

・仮にファイズの召喚時を使って落ちても問題はないか?

・ここで召喚時を使わなくても先々に問題にならないか?

など、このデッキ1つを回す際に考えるべき大事な要素は多々あります。555デッキを組んで実際に回してみる際に意識して回してみるといいでしょう。


それでは。