初めに

コロナウィルスの影響もあり、非公認大会自粛の流れもありますが、主催のこゆるんくんやジャッジ担当のマネキさんらが決行する以上は僕も開催するつもりでいます。


大会レギュレーション1(ゲーム時間等について)

201本制の1デッキ勝負、スイスドロー

※スイスドローの記載忘れていたので追記しました。

・大会中のデッキ交換はありません。

・時間切れの際は、そこから5分間のエクストラターンを行います。

・エクストラターンは終了時点のプレイヤーを0ターン目とし、その後もう片方のプレイヤーが1ターン目を行い終了としますが、合計で5分間の制限を設けます。

・エクストラターン中に発生した追加ターン効果(創界神ゼウス等の効果)はカウントしないものとします。

・エクストラターン終了後にゲームが終了していない場合、双方のプレイヤーを"敗北"とします。それぐらい時間にはシビアに行きますので、遅いデッキを使うならそれ相応の覚悟をして下さい。


○賞品について

優勝:3000円程度のシングルカード

 +腹筋ローラー(主催よりプレゼント)

準優勝:2000円程度のシングルカード

3位:1000円程度のシングルカード

※賞品は射幸心を煽りすぎないように当日まで秘密です。


大会レギュレーション2(追加制限カードについて)

今回のサブイベントには公式ルールに加えて追加の"独自の禁止・制限"を設けます。これは、僕がバトスピがどうしたらより面白くなるかを考えた際に、

・特定のカードが異様に強い

・引きゲーを助長するカードの存在

・環境の高速化が著しい

と言った3要素を減らし、デッキパワーの平均化をするために設けるものです。

また、今回行うのはあくまで極超杯のサブイベントであり、極力スムーズに進行を行うため、ループパーツやネクサスコントロール(遅延デッキ)と呼ばれるデッキを使いにくくするため、それらのカード、デッキには厳しい制限を設けています。逆にどうしてもそれらのデッキを使うのなら、僕はデメリットがある故使っても良いと判断しました。

以下その追加禁止・制限になります。


・追加制限

禁止(デッキに1枚も入れられません)

⚪︎機動要塞キャッスルゴレム

⚪︎調教師ライナ兄弟

⚪︎ヤシウム(Re)

⚪︎巨人猟兵オライオン

⚪︎神海賊船カリュブデス号-女神顕現-

⚪︎十式・戦鬼 断蔵

⚪︎獄土の四魔卿マグナマイザー

⚪︎断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソード

⚪︎タイムリープ

⚪︎ダークイニシエーション


制限(デッキに1枚のみ入れることができます)

⚪︎皇獣王Z

⚪︎歴戦騎士ドルクエヴィデンス

⚪︎ト音獣ジークレフキャット

⚪︎夢中漂う桃源郷

⚪︎創界神リリア

⚪︎破壊の創界神シヴァ


準制限(デッキに2枚まで入れることができます)

⚪︎超新星龍ジークヴルム・ノヴァ(Re)

⚪︎妖怪帝エンオウ

⚪︎神聖天獣ガーヤトリーフォックス

⚪︎天空鳳凰ホル=アクティ


合計6枚制限(デッキにこれらのカードは合計で6枚までとなります)

:

○→ジャガンナート1、トリヴィクラマ2、ヴィシュヌ合計6

×→ジャガンナート2、トリヴィクラマ2、ヴィシュヌ合計7

⚪︎神撃甲龍ジャガンナート

⚪︎維持神龍トリヴィ・クラマ

⚪︎維持の創界神ヴィシュヌ

⚪︎超星使徒コーディリア

⚪︎ノヴァドロー

⚪︎滅神星龍ダークヴルム・ノヴァX


各カードの選定理由

禁止

⚪︎機動要塞キャッスルゴレム

引きこもってないで殴って下さい。一応呪鬼への牽制。

⚪︎調教師ライナ兄弟

ネクサス絡めてループするのは許しません。

⚪︎ヤシウム(Re)

引きゲーを助長してしまい、各ループに用いられるため。皇獣系への牽制。

⚪︎巨人猟兵オライオン

キャッスルゴレムと同じく。

⚪︎神海賊船カリュブデス号-女神顕現-

フェンリグと違い早いターンで踏んだ際にゲームにならないため。このカードだけでゲームが終わることもあり禁止に。

⚪︎十式・戦鬼 断蔵

魔影妖怪の異常な速度の一旦を担うため。あるなしの速度感が違いすぎるので。

⚪︎獄土の四魔卿マグナマイザー

紫系のデッキへの牽制とこのカードだけでゲームが崩壊するので。

⚪︎断罪ノ滅刃ジャッジメント・ドラゴン・ソード

断罪系のデッキへの抑制。

⚪︎タイムリープ

異合使うこと自体はokにしたかったのでトリトーンにはかけれませんでした。なのでトリトーンループできないように主要パーツに対して。

⚪︎ダークイニシエーション

紫系のループへの牽制と呪鬼への牽制。


制限

⚪︎皇獣王Z

皇獣系や赤界渡と言ったデッキへの牽制。あとこのカード自体の存在でリボルが以上な速度で殴ってくるし、このカードのせいで機能停止するデッキも多いため。

⚪︎歴戦騎士ドルクエヴィデンス

殻人と遊精への牽制。フラッシュを何でもお手軽に封じてはいけません。

⚪︎ト音獣ジークレフキャット

遊精への牽制。このカードを噛んだ際の爆発力が凄まじすぎるので。

⚪︎夢中漂う桃源郷

上位規制しすぎたら絶対に想獣環境に戻ってしまうため。あとこのカードをエンジンとしたコンボデッキへの牽制。

⚪︎創界神リリア

光導への牽制。このカードの存在によるヴィエルジェを使い回した受けはゲーム速度の低下を招き、耐性のないデッキが突破困難になるため。

⚪︎破壊の創界神シヴァ

紫系のデッキ全体への牽制。特に魔影妖怪、無魔周りはこのカードを汎用的な足場として用いることが多いため。


準制限

⚪︎超新星龍ジークヴルム・ノヴァ(Re)

このカードは存在が色々とダメです。ハンデスはアウト。

⚪︎妖怪帝エンオウ

妖怪への牽制。手札とトラッシュに1枚ずつあったりすると簡単にアタックステップ終了系の効果を無視してくるのでとりあえず枚数を抑え、テンプレで用いられる創界神の枚数を減らして使いにくく。

⚪︎神聖天獣ガーヤトリーフォックス

遊星への牽制。簡単にバーストを封じるんじゃない。

⚪︎天空鳳凰ホル=アクティ

ここまで色々と規制すると爪鳥ノータッチにするわけにもいかず致し方なく。


合計6枚制限

⚪︎神撃甲龍ジャガンナート

⚪︎維持神龍トリヴィ・クラマ

⚪︎維持の創界神ヴィシュヌ

甲竜への牽制。やはりこれらのカードが揃った際のキル性能は凄まじいため。当初予定していた、ジャガンナートとトリヴィクラマの準制限化だけでは足りないと感じたためこのような形に。

⚪︎超星使徒コーディリア

⚪︎ノヴァドロー

⚪︎滅神星龍ダークヴルム・ノヴァX

超星への牽制として。当初はダークヴルムノヴァXの準制限を予定していたものの、甲竜の6枚制限に伴いこのデッキも危険と判断。また、ダノヴァX利用頻度低下により、明らかに問題となる造兵デッキ等の利用を行いやすくなる事を期待。


おわりに

今回、恐らく創界神環境後初めて(?)の追加制限という試みで大会を行うため、僕の思うような、デッキパワーが"都合よく平均化された環境"には思うようにはならないでしょう。

それでも現環境の上位陣の遊精、甲竜、魔影妖怪と言ったデッキに対してはメインカードをも規制した厳しめな規制。それより少し下に位置していると思われるデッキには、メインではないもののあるなしでは明らかにデッキパワーに違いがでるポイントに対して規制をかけることで平均化を図ろうと試みました。その結果、かなり追加制限のリストが煩雑になってしまった事は申し訳なく思います。それにより大会参加の敷居を上げてしまうことはバトルスキーイベントとしては不適切ではないか、という考えもありますが、この試み自体が実験のようなもので、以降同様の企画を提案する際の一つの指標となればと考えているため、今回はこのような形で実施します。

実際にどれぐらい上手く行くか分かりませんが、少し変わった環境で遊んでみたいと思う方は参加頂ければと思います。


それでは。

コロナウィルスによる自粛の可能性もありますのでご容赦ください。