大嫌いなカードがとりあえず制限にぶち込まれて舞っているhitoyasumiです。

制限のお話です、前回炎上しかけたので今回も灰になる覚悟です。

ではみていきましょう。

・太陽の守護蟲ケプリ
ライジングドローで出せるカードです。でも僕は馬でも神でも、ましてや弾でもないので出せません。

まじめに。
創界神というギミックを否定しており、耐性も強固なので妥当でしょう。とりあえずこの手の効果には珍しく、バーストを開けてしまうのがまずおかしくて、破壊時にアーサーやネヘジェトをめくって場を除去しながら突っ込んでくるので3on3でも大活躍でした。

創界神というギミックを1年かけて浸透させて来た以上売り上げに関わるカードですし、アトライアハイドラを例にとると、耐性持ちカードに相手を機能停止させてしまう効果を盛り込んでるのはまずかったので、良かったと思います。ただ、これで想獣が完全に終わったわけではないです。ラーや桃源郷と言ったドローソースがある以上、制限カードであろうと引いてくることが可能なので今後とも警戒は必要でしょう。段階を踏むという点では悪くないとは思います。個人的には桃源郷とシアーハートアタックの方もどうにかして欲しかったけど、欲張るのは良くないからやめとこ。


・ムリダンガムドラゴン
むしろ誰だこのカードにゴーサイン出した奴()

どう考えてもアラマンディーを刷った以上、どこにでも入ってしまう爆アドを産むカードなので許されていいはずないです。無駄に軽減、特に神軽減が多くアラマンディーなしでも使えますし、コストが増える効果も雑な煌臨条件6以上を出せなくなる要因になりため開発が困るカードです。とりあえずわずか1弾で制限におい込むようなカードは今後刷らないで欲しい。

バトスピは色の概念がシンボルという形で表されてるゲームであり、それを全色化や神軽減で一つにまとめ上げてしまうということは危険というのは理解して欲しいです。全色に関してはロロとプリスモルフォ重くみて制限なんだから分かってたはずだと思うんですけどねぇ(なおプリズモルフォは現在無制限)。

・龍星の射出リュキオース
赤御用達の強カード。僕個人としては龍射撃は許されてもいいけど、超祈願がダメだったと思います。

これは僕がこのカードを出た時に思ったことですが、超祈願というテキストを作る以上は今後赤の創界新はアポローンぐらいの強さのカードしか出ないんだなと思ってました。それぐらいの調整を持って超祈願は許されるのかなと思ってたんです、よ。

現実はゼウスとか出てきてはぁー?
と思ったわけなんですが()

このカードはキーワード能力を掛け合わせた、ある意味挑戦的なカードであったと捉えています。今後そんなことがあるかはわかりませんが、耐性ばら撒きすぎなバトスピ。このカードで得た知見をもとにカード作って下さい(いや本当に、いつもやりすぎるのでお願いします)。


・闇輝石六将機械獣神フェンリグ
お、ま、えだよお前。大大大、(もう一つオマケに)大嫌いだったわ。

やりすぎ筆頭。制限どころか禁止行って欲しいと思ってる。

まず盤面に残すカードを使った側が選ぶのがおかしい。リセット効果なのにこんな調整にしてどうするんですか?周りもやりすぎてるしいいだろ、じゃねーんだよ。

もう一つはその条件、緩すぎる。
確かにどこでも当てれるバーストではないけれど、展開するために手札を増やす行為がどこかで必要になってくるカードゲームというものにおいて、それを真っ向から否定するのは如何ものかと。しかも手札のみならず場も対象。シンボル作って戦うのがバトスピなのにそれまで否定してどうする。ゲームさせる気あるのか。

盤面に置く効果が増えてきてこのカードは著しくゲーム性を阻害するだと?

分かってんならなんで制限とか言う段階踏むんですか?

自分らの作った商品売る気ないんですか?

今新規に離れられたら今後10年どころか5年すら危ういって自覚持ってますか?

自分たちの作ったカードで苦しんでる自覚ありますか?


僕は制限というものにはそれなりにうるさくて、制限と禁止の間にはカードのままか、紙くずになるかの壁があるってことを主張してます。

制限というのは1枚以上は使えるのでカードとしての価値は残されているけど、禁止になったらエクストラ(禁止使えるルール)が存在しない以上はゲームそのものにおいては紙くずなんですよ。だからこそ制限にするにせよ、制限までか禁止にするかの判断は慎重に行うべきという考えです。

ただフェンリグに関しては、個人的な感情抜きにしてもゲーム性を否定し、デッキを完全に否定してしまうカードなので完全に排除して欲しいと思ってます。

死龍の破壊神殿を見て貰えばわかるように、特定のメタを刷らないと行けないようなレベルのまずいカードなんですよ。死龍はそのメタを持ってるからまだマシですが、楽族に関しては現状踏んだら終わりです。なのに場にマジックを置けと言います。何、使うなってこと?新しいギミックなのに遊ぶなってこと?これがさっきから言ってる売る気あんのかってことに繋がります。

新しいカードを作って売って、その中に新規の人がいて、面白いと思ってもらっても、大会に出てこのカード踏んで負けたらこのゲーム面白くないじゃんと思われて終わりなんですよ。

その新しく作ったギミックを守るために新しいデザインのメタカードを作るのだってタダじゃない。人が時間をかけて考えてるわけだし、テストするプレイヤーだっている。何より過去のカードとの整合性を取るのには本当に苦労してテキスト考える必要がある。人件費と言う名の開発費が年を重ねるごとにかさむんです。今後も長く売って行く気があるのか分かりませんが、10年と言う一つの節目を迎えたゲームです、もう少し判断スピードとか開発に対する考え方とか変えていきませんか?

そう言う妙にズレてるところプレイヤー側もかなり気づいてきていると思っています。競技的になりたいのにゲームをおかしくさせてるカードが未だに多いのはズレの表れだと思います。僕が騒いで変わるとは微塵も思ってないですが、好き嫌いとは違う、真っ当だと判断してもらえる意見を持てるようにはなりたいとは常に思います。

それでは。