3on3と通常とでは別物だけどまあ僕の思ってることでテキトーに書いていこうと思います。

前と違って系統の種類が増えすぎてデッキタイプ毎に語るのはしんどいので色毎にかいていきます。


導入〜新弾で大きく変わったこと〜

多分書いたことないので導入として書きます。
新弾で大きく変わったこととして完全耐性の低コストが殴ってくるようになったという点です。要は環境として殴るのが主流という話です。いや、前からずっとそうなんですけど、要は前のめりなデッキタイプが以前よりも多い環境という意味です。

これが何を意味するかと言うと受けが強いデッキが減った、これを頭の片隅にでも入れて見ていただければと思います。

赤:
前のめりなデッキタイプ代表です。ブラフマーを中心とした転神(人間)ビートが強く、白を代表とするような受けの強いデッキタイプに完全耐性の低コストビートダウンで攻め落としやすくなりました。特に以前の赤のデッキタイプ代表の皇獣がきつかった呪鬼に対して、非常に強く出れるようになったと思います。

しかし、以前から言うように転神というテキストの特性状、盤面で守るということはかなりしにくくなっています。この影響が大きくて、大体の赤デッキには白障防壁が3枚積まれるようになり手札を使って守ることが多くなっています。その影響かポセイドンやエアレイザーを駆使して相手の白障を殺して殴り勝つ赤デッキは増加傾向にあります。

そんなこともあり下火だった皇獣は今少し息を吹き返しています。白障をエクストラターンでケアしながら殴れるので落ちぶれた様子もなく強いです。また、エクストラターンを得るデッキタイプのもう一つ滅龍も白障をケアして殴れるという点では悪くないと思ってます。

ぶっちゃけハイブリッド化の傾向が強い赤で系統呼びしてデッキタイプ分けるのも今更どうなのと思うわけですがこうでもしないと自由度高すぎて語れない苦笑


紫:
今実は一番下火だと思ってる色です。

リソース勝負に強い呪鬼、死龍ですがまあ武装と異合がキツイ。どちらも召喚時を多用するのでラインの黄金がキツイですし、そもそも硬いと言ってもキャバルリーアーネジェウやトトで耐性取られたら止めれないです。異合対面なんてデッキが信じられない速度で薄くなるのでトリアイナのアタック1回で致命傷。グレートオーシャン、トリトーンの除外は対策のしようすらない。終わり。

ただ、じゃあ勝てないかと言ったら嘘で、デッキで比較すると明確にキツイ相手がいるので下火って意味で何もそのデッキのいる色全てに弱いわけではないです。武装がキツイから白に弱いかといえば嘘で機人には勝てますし、武装が勝てない相手は存在します。

僕が武装強いと思ってるからそう思ってるだけで、紫という色が弱いとは微塵も思ってません。


緑:
転神してくる相手に対して有効なデッキはそれよりも早いかそれよりも硬いデッキです。その要件を満たすデッキタイプが想獣と爪鳥だと思います。

上で言うように盤面で守るから手札で守るへと偏りができてる現環境、横に並べる戦術が有効に働く相手が多くいます。それでいて創界神に対する回答を持っている上記2つは特にマッチしていると思います。爪鳥の場合、武装相手にアルティメットの効果である故に空きがつけるため武装が不利マッチになりません。また、不利マッチの機人が減っているのも向かい風です。

ついでに剣獣に関しても、キングタウロスという最強の詰め手段がいるため侮れません。疲労自体が破壊耐性が満映した現環境において回答となるので緑は総じて、風だ!追い風だー!!(疾風のゼロ)状態です。


白:
僕の思う現環境最強候補の一つが武装です。異合が不利対面ですが、対策手段がゼロじゃないので対抗のしようがあり、防御手段に優れるため多くのデッキを止めることができます。

僕は以前、武装は安定しないと言いました。それは間違ってなくて、ワイルドバウトで優勝するなど少なからず結果を残していましたが、武装はドローソースの少なさの割にアルティメットとネクサス、更にマジックに枠を割く必要があるので特定のカードに依存しやすく、創界神ギミックと噛み合わないことがあるのが問題でした。しかし、リベリオンネヘジェトの追加でデッキ内のアルティメットの比率を増やしながら、召喚条件の達成難易度の克服と安定した受けが可能になり、一線級のデッキになったと思います。相手の使うネヘジェトに弱いと言っても、エースアークイブのバースト破棄やトトなど対策は講じやすいのでどうにでもなる範囲です。

なお、この色に関しては機人もまだまだ強いので白は安定して握ることのできる色だと思います。


黄:
想獣に目が行きがちですが、天霊も強いと思います。ゴッドスタッフのブレイブ条件が創界神ネクサスのおかげでイシス意外にもエリスなんかにも合体できます。ゴッドスタッフは言ってしまえば、ライフ減少時バースト限定の創界神ケイであり、天霊で取りにくかった黄色シンボルをおけるカードなので強いと思います。ライフが減るデメリットがありますが、モニファーエルがいるのでデメリットにならないです。

話を想獣に変えますが、まあ強いと思いましたね。現環境では武装が強いと何度か言ってるんですが、武装って完全に想獣止めれるデッキじゃないのがその理由にあります。凍れる火山とか獣の氷窟なんかが有効に働きますが、ネクサスを足場に取ることの多い武装でネクサスのシンボルを消せるケプリはかなりキツイです。また、現環境では、赤だったらまず、アラマンディー経由でシンボルを確保しようとすることが多いので、ケプリ一枚でコンセプトが崩壊します。更にいえば、白のシェアが武装に移ったことで苦手としていた機人が減ったのも爪鳥同じく向かい風となってます。

特に3on3では上記メタカードがなく止めにくくなっています。ブラフマー、死龍が環境に台頭した故に想獣は通りやすいです、注意した方が良いと思います。


青:
異合が強い。特に追加されたアステリオン、トリトーン、新しいカリュプデス号は召喚のし易さ等から後数枚足りなかったところを補ったり、トリアイナ着地までの繋ぎとして非常に有効です。

獣頭に関しても場ではなく手札で守ることが多くなった環境なので、セトの神域は刺さりやすくなったと思いますし、どうしようもない対面の呪鬼が少な目なので無理な相手が減っているとはいえます。なお勝てるかは試してないのでわからない模様。


総括
いやー、

本当に多種多様で良い環境ですね(お陰で勝ち切るの本当に難しけどな)

それでは。