ポケカの記事書こうとしてはアイデアを貰いにある人の動画を見ていた中でいい事言うなと思ったので書きます。

そのある人と言うのは、ポケカの世界一経験者の"とーしん"さんです。

その動画の中で彼に対して
「何々は強いですか?」
と言う質問がありました。

その質問に対して彼は、

「またざっくりした質問だなぁ。」
「ああ、俺の言いたい事が自分で分かった。」
「ある何かには強いだろうし、ある何かには弱いって事がほとんどだからその質問はそのようにしか答えられない。」

と言いました。

まさにその通りなんです。

僕だけじゃなく、デッキ組む人は何かを想定して、ちゃんと理由つけてカード選択してるつもりなんですよね。

もちろんそれが当たり外れるって問題はあって、実践の中で理想と現実のズレを埋めていってるわけです。だから、なになにはこういう理由があるから強いと思う、そういう話し方をする人が多いと思います。

僕も一応、なにかを評価する際にこう思うから強い、弱いって話し方をしてるつもりです(そう感じれなかったらそれは僕の文章力が足りてないだけです、すみません)。

それを踏まえて言いたいのは、ただ強いか弱いかでは誰も評価できないということです。

バトスピの環境考察記事を読んでくれた人は分かってくれるかと思いますが、僕は評価を何かと比較しながら書いていたと思います。デッキとして弱いとかでは書いてないのですよ。それはもちろん僕だけじゃない。

議論をしたいなら自分なりの考えでいいからAorB(or Cでも可)を提示してみましょう。その方がそれを聞いてる相手もどこまで悩んでどうしたいのかわかりやすいですよ(かく言う僕も良く目上の人にどこまで考えているのかを聞かれてから答えていることがある、要は話し方が下手なのである)。

それでは。