僕が見たいのは他人の頭の中。

というわけ?で勝手にやるぞ環境予想。3章の時の予想は地域性の問題を除けば星竜、呪鬼がトップクラスなのは当たったけど、緑は評価落としすぎてたし、想獣も星竜多かったために少なかったから当たらずとも遠からずと言った感じだったんですけど今回はどうだろう?

前回と同じく、SS、S、A、B、Cの5段階です。

数字的な目安としてSS.S.A.B.Cの5段階でランク付けします。
それぞれの値の意味はこう。

SS:環境でよく見るし、念頭に置いたデッキ作りを強要されるデッキ

S:環境でまず見かけるし、デッキ毎にメタを貼る必要が出てくるデッキ

A:上位群に対して強い何かを持っており、環境に少数ながら一定数存在する

B:見かけることは少ないものの見かけてもおかしくない、しかし上位群の中に決定的に劣る何かがある

C:バトラーズカップのような大会になればほぼ見かけない、光る何かはあるがついでのようにメタが刺さるため勝ちきれない事が多い

こんな感じで行きます。

SS:純皇獣、デュークモン(滅龍)

S:リボルZ皇獣、呪鬼、機獣、機人

A:星竜、剣獣、爪鳥、緑断罪、武装(聖刻)、想獣、獣頭、タイタス

B:妖蛇、天霊、黄色コン、異合光導

C:その他のデッキ

全体的に見て、赤と白は上位と言った印象です。その下に紫、緑、黄、青と続くような環境になるかなと思います。

各デッキへの印象

SS:
純皇獣
広義的な意味での皇獣ではなくZレオンに特化させたデッキという意味を持つために純皇獣と表記します。また、リボル入りとは明らかに動きが変わるので分けて書きます。

メガデッキが出る前に皇獣が少しは活躍しましたが全体で見るととても少なく流行ってるとは言えませんでした。しかし、今はメガデッキによって茂上駿太を手に入れ、デッキの回転力が大幅に向上しました。なによりも現状の純皇獣が強い理由として挙げられるのが、回収札がデッキ単位で噛み合う点です。レーディアもヤシウムもブレイブカードを拾えますし、シャーマントヒヒ経由まで考えれば、アレックスとマジック以外のデッキのカードを全て手札にできるようになっています。それを実現するには山札からトラッシュに送る手段が必須でしたが、今の皇獣対応の創界神はゼウス、利家、駿太の3種類があり、そこにアポローンや馬神弾も候補になります。これだけあれば山札からトラッシュに必要なカードを落とすのも苦労しませんし、必要なカードを落としてしまっても十分な回収札があるので問題なく、むしろアドです。

何が言いたいかといえば星竜とは回収性能、手札補充手段の多さが桁違いです。それ故に準備が非常に早い。先行2ターン目にZレオンがブレイブ背負って殴ってくるなんて普通にあるし、早い時はそのままゼウス込みでターン追加して殴ってくるのでアレックスがあっても耐えれないことが多々あります。皇獣王Zがどうとか以前にこのデッキに勝てる準備速度のデッキはないと言ってもいいので、どう考えても環境トップだと思います。

デュークモン(滅龍)
僕デジモン大好きで滅龍って呼び方基本嫌なのでこう書きます。だって、滅龍って呼ぶけど入ってるカードの半数以上デュークモンの関連カードだものね。デストロイア、ジエンドドラゴニスあたりまで入れてたら滅龍と呼ぶのもやぶさかでもない。

僕のそんな拘りは置いておいて。

リボル入りにしろ何にしろ、皇獣相手にチャンス取れるのは同じぐらい理不尽なゲームエンドプランを持ってるデッキだと思ってるわけですが、皇獣以外ならこれが1番だと思います。デュークモンは、バースト1枚や断罪剣から勝ち筋を生み出すデッキであり、その勝ち筋を開けるカードにギルモンがいます。つまりギルモンがいればいくらでも勝ちの目を広げられる、可能性の塊です。それらを揃える速度こそ皇獣にはいささか劣るとは思いますが、ゼウス込みで倒しに行かなければ、バーストアレックス1枚で逆にやられてしまうことが想定できるので、皇獣側も下手なアタックをしかけにくい相手です。また、皇獣に勝てそうなほかのデッキ、特に紫関係のデッキに滅法に強いので環境でありながら環境キラーとして存在するデッキであることからその影響力は大きいと判断し、この位置に置いています。


S:
リボルZ皇獣
変わらず強いです。メガデッキで登場した低コストスピリット達は優秀ですし、ゼウスを絡めてのリボルZの連続バーンもライフを削った後のカウンターをしっかりケアしていて強い動きです。しかし、皇獣対面でリボルZを入れてる皇獣とそうでない皇獣所謂、純皇獣のどっちが有利だろうかと考えるとゼウスの引き込み易さを考えると純皇獣の方が有利と思っています。リボルZ側はピューマやギボンで綺麗に軽減を取っては展開できるので展開速度自体は同じだと思いますが、リボルZの特性上シャーマントヒヒを入れにくいという点がゼウスの引き込み易さに大きく影響し、試合数が重なるほどその差が出てくると思ってます。さらに、スピードゲームになった際はZレオンを利用した高速キルをプランとして取る必要がありますが、そのZレオンまでの繋げ方も純皇獣の方がスムーズです。それらの理由から、皇獣全体の比率の中で純皇獣の方が多くなると予想しており、リボルZ側が純皇獣と対面する機会も増えるので少しだけ評価が下がるといった印象です。ただ、呪鬼が環境にいる想定をするとリボルZの方が勝ちやすいので一概にリボルZ側が劣っているとは言えません。また、皇獣王Zの影響でリボルZはきつくなるという意見もあると思いますが、リボルZプラン取れないならZレオンプラン取れるので幾らかの影響はあってもいなくなることはないでしょう。あくまで純皇獣との対面でプラン取りやすいかが影響するということです。

呪鬼
皇獣を考えると環境に残り続けると思います。リボルZ皇獣が不利マッチと言われることもありますが必ずしもそうとは言えず、スネークビジョン、ベルゼビートで切り返して、ジェラシックドール、デッドリィバランス、式神オブザデットを絡めることで詰めれるので皇獣全体に対して五分のマッチができると思います。皇獣王Zでベルゼビート、ジェラシックドールが出せくなるために不利なんじゃないかとも言われますが、皇獣王Zから殴る必要ができるため、その間にリボルZやZレオンがやられてしまえば詰め切るのが困難になると考えられるので、ジェラシックドールが僅かに使いにくくなった程度の差だと思います。追加のカードもなかなかに性能が高いので今後とも環境に影響を与えるでしょう。しかし、デュークモンはどうしても不利マッチと言わざるを得ないですし、緑系のデッキが環境からいなくなるわけではないのでそこを踏まえてどうするかは考える必要がありそうです。

機獣
このデッキ本当に息が長いな。
受ける事に関して言えばこのデッキを超えるデッキがなく、始動がもたつきやすい以外は文句なく強いと思います。呪鬼はザンシアがいるので無理ですが、他デッキの白装甲に関しては、重装甲のつけられる機人でなければ多くは幻魔神頼みなので、ミッドナイトサンで切り返しが効きます。明確にきつい相手こそいますが、それ以外のデッキと勝負できる器用さは素晴らしいですね。

機人
とうとうここまで登って来たという印象。クセノフォンor幻魔人+アテナイアーの詰め方は赤系統のデッキで止めるのは困難ですし、界放でアレックスも無力化されるので決まれば止まらないです。以前はそれらを揃える力を持ち合わせていなかったために環境の隅に追いやられていましたが、今はメガデッキにより、優秀な鋼鉄名称カードを貰えたので展開及び防御性能も環境水準まで高まりました。追加カードにも優秀なカードが多く、009アスパシアはリソース源として活躍でき、フィロガトスはクセノフォンでは足りなかった紫方面への耐性を付与できるといったように確実に使えるカードが貰えています。今後は赤系統のデッキのみならず構築次第で様々なデッキ対するメタデッキの一つとして影響を与えると思います。


A:
星竜
万能赤デッキ代表。皇獣にメタをはる手段として、召喚時を封じるという手段があります。これをされると思うようにデッキが回せなくなるので皇獣からすると厄介です。しかし、その多くはネクサスです。要は赤側の対策として馬神弾が使えます。他にも白の厄介な耐性持ちを考えた時に馬神弾+リュキオースが簡単に取れる星竜は第四の赤系統の選択肢として存在できるだろうと言うことです。環境初期にあたる関東CSは試行錯誤の段階で色んなデッキが存在する環境であると考えるなら最高の対応力を持つ星竜は再評価されてもおかしくないでしょう。

剣獣
カーンウルフ追加でデュークモンにある程度対抗できるデッキです。また、赤も紫もいる環境だと思うのでタイガーネストールやヘクトルはなかなかに刺さります。トータルで見れば若干劣りますが立ち回れないこともないと言うことでこの位置。ただ、白も増えると予想されるので伸びにくいかも知れません。

爪鳥
そこそこ期待してます。重要なカードとなる創界神ホルスを探してこれるカードが都合ゴッドシーカー、ナイルバード、幼ロロドラゴンの3種類は取れることから、ホルスを引き込むことには困らないので緑にしては安定感があると思います。ホルスがあればいくらでも展開が効きますし、リソースに困るようなことは少ないでしょう。ただ、ライフを直接狙えるリボルZやデュークモン相手にどこまで立ち回れるかがまだ曖昧なのでこの位置。

緑断罪
デュークモンにお株を取られつつありますが、こちらはこちらでシリマナイト、遺跡草原などメタカードを潤沢なコアで使い倒せるので悪くないっすね。皇獣がきつそうな面もあるので一定数はいるかなぐらいの読み。

武装(聖刻)
武装というか最早聖刻デッキとも言えるので一応こうして表記します。

正直プレイヤースキルに依存することが多いのであんまり評価してません。ゴッドシーカー引いてこれる人なら強いだろうけど、"持ってない"人は本当に回らない気がします。リソース伸ばせるカードが少なすぎて、名称の縛りがきついのにトレインすらも入れざるを得ないと僕は思っていて、選択できるカードがかなり限られてるカスタマイズ性能の低さが問題にあると思います。環境初期こそハマった時の強さはあるので一定のシェアを持ちそうですが、時間経過とともに機獣や機人に変わられてしまうように思うので、このランクの中でも少し評価が低いです。

想獣
構築が大きく変わることはないと思いますが、色々なデッキの一瞬の隙をついてゲームを終わらせられるので一定の人気を維持し続ける認識で良いと思います。CSでも少なからず予選を抜けたと言うような報告も聞いていますし、白がトップの環境にならない限りは多分、maybe、モーマンタイ。

獣頭
天霊もこのデッキも足場がもう少ししっかりすれば戦えそうなのになと思ってます。ラムセトス2世が創界神環境である限りは強いカードなんですが、いかんせんUトリガーな関係で安定しないんですよね。アルティメット使うデッキである以上最近だとアンタークを取った構築を取ると言うのも考えられそうですが、それでどうこうならないし、武装ほどじゃないにしても名称の縛りは多少なりともあるのがやっぱり足を引っ張ってます。僕は異合に現状期待してないのでこっちに頑張って欲しいなと言う期待も込めてここに置きます。

タイタス
最強の環境破壊デッキ。最早語るまでもないでしょうが、CSの結果見ると少なからず意識されてると感じるので少し評価を落としています。


B:
妖蛇
これと言った強化がないので流石に厳しそうです。しぶとく生き残ってましたが、リボルで留め刺された感は否めないです。

天霊
Aマイナスって評価あるならそうしてた。このデッキも足場が足りなくて皇獣に置いてかれてしまったという印象があります。あと、わざわざイシスター使わなくてもリボルが2点ないし3点のバーンダメージを飛ばせるのでライフゲインに重きをおいて考えないとこのデッキを使う必要性がないというのが現在の評価です。追加こそありますが、見えてるカードのみだとまだまだきついなと思います。

異合
はっきり言います。トリアイナが強いだけです。全てにおいて遅く、トリアイナのために盤面揃えてるようなもんだから結局タイタスでいいって評価になります。見えてないカードに期待したいところですが、グレートオーシャンなどのレベル維持必要コア数見てる限りかなり調整されていて、展開に使えるようなコアがないので何かする前に負けるようにしか思えないです。

光導
一見悪くないけど、防御がペラいのと星読当てようと思うなら余分なカード入れれないのが難しいです。一部カードがかなり強いので期待は持てますが、僕は白見るためにリュキオースを取る赤が増えると思ってるのでその煽りを受けてしまいそうな気がしています。


C:
その他
無理に見るなら切ってしまった方が良い相手です。創界神ある無しで完全にデッキパワーの差があるので、使うのは物好きかよっぽど自信がある一部の人だけだと思います。


創界神環境も1年が経過し、創界神を絡めて何ができるかで明らかにデッキパワーの差が生まれてしまいました。天霊や獣頭は戦えないとまでは言わないものの、依存度に対するできることが上位クラスのデッキに劣ってしまっているのはなんとなく感じられることでしょう。緑系統のデッキは絡めて何かをするという感じではないですが、唯一トラッシュ除外を能動的にできるのでトラッシュ=手札と言える現状を踏まえれば次環境も立ち回れると思います。

それでは。