8E8CE7BF-1C7A-47D2-AEF5-B3EA6BB8B492


※画像は全てバトスピ公式ページより
http://www.battlespirits.com/capture/bs47_bt.php

エクゲ見てこの記事書き始めたhitoyasumiです。

さて武装と機人の新規カードがいくつか公開されました。それらのカードで大体の使えそうな新規カードが出揃ったように思うので新規武装について書いていこうと思います。

新規武装の戦い方
7248FEC6-414D-4D22-BC9B-07E02543BB7B

CD78BBB6-7408-4D0C-9218-E0464C6166AD

E7EF9F77-4419-424F-88D8-89A271AACE78

1DAD632D-32EB-4381-BBE0-8151B6079D22

書かなくてもある程度想像付くかと思いますが一応。創界神トトとジェフティックトトから見るように、ステップ追加により各種バーストに引っかからずにアドを積み重ねながら、強力な耐性付与で戦うと言ったイメージだと思います。イグドラシル同様の耐性を神技で付与できるため、リュキオースでもなければ耐性を貫けないことから場持ちがかなり良いようにデザインされています。また、最近の赤に多いライフバーン効果を抑えるカードも配られており、赤を抑えて環境を平坦にしようという狙いが見て取れます。特に新規5コストアルティメット、キャバルリーアーネジェウが耐性ばら撒きに加えてライフバーンを抑える効果を持っており、創界神以外にもこのカードの有無でデッキの強さが変わりそうです。


現状見えてる武装の問題点
いくつかあるので始めに簡潔に並べて見ましょう
1.手札を増やすカードが少ない(白共通なので仕方なし)
2.既存創界神とのかみ合いが悪い
3.既存武装との方向性のズレ

この3点が問題点だと僕は思います。順番に見ていきます。

1.手札を増やすカードが少ない
これに関しては白共通の課題なので仕方ないところがあります。機人でもそうであったように、機獣で幾分やり過ぎた強化があったことから公式の白に対するカード開発が慎重になってるところがあるので後発の機人、武装はその影響を少なからず受けるのは仕方ないかと。しかしながら、その分場持ちの良さに定評があると思うのでカード枚数ではなくカードパワーで戦うと色の特徴として考えるなら妥当な調整でしょう。

ちなみに期待されているリバイバル版の電人トレインは今回のエクゲの放送で収録がほぼ絶望的になります。
BAECE1D1-D7EA-48D6-BC4B-753D4A672BF9


左側のプレイヤーが比較的よく回っていたので、見えているカードから簡単に予想レシピを書きます。

シールダージェネス 3
ゴッドシーカーシビュラ 3
アテナイアー 3
フォートレスネセニ 3
ミブロックブレイヴァー 2
14

アルティメット4種 12
12

創界神トトおよびアテナ 6
6

イビスバード 3
ブレイブオウル 2
5

シシャノショドリーム 3
3

となっていると思います。
トレインが見えてない可能性も捨てきれないですが、初手4枚に追加ドローステップ3回に加え、ゴッドシーカー4枚オープン2回、さらに創界神の配置時神託2回で計21枚そこに5ターン?だったかの経過があったことからデッキの3分の2が見えました。ここから普通にデッキを作っていってメインとなるカードを3枚入れたとして、40枚を超えるデッキを作らない限り上記のようなレシピであることが推察されます。どう考えてもトレインの3枠なくないですか?

というのも、パンザーと同じく白の創界神をなんでも加えられる効果なのであれば双方が白を使った今回の試合、両方のデッキに入ってて間違いないです。しかし1枚も上記カードが見えませんでした。このことから、左側があれだけカードが見えている都合、右側のデッキからも見えてないことを考えると、トト軸武装に採用できないような性能で、機人側にしか採用できないような性能でない限りは見えないということがまずありえないです。故に、トレインのリバイバルは絶望的だと思ってください。さらに言えば、ゴッドシーカーの調整も妙です。アルティメットだからという理由だけで上下が選べるゴッドシーカーが白にだけ与えられるのは白に慎重な現状おかしいです。ここから考えられるのはそういう調整をしないと回らないようなデッキ性能であるということだと思いませんか?

以上のことから新規アルティメットを軸としたトト軸の武装のドローソースに関しては、今まで同様これ以上期待しない方が良いでしょうというのが僕の意見。

2.既存創界神とかみ合いが悪い
大問題です。メインとなる生き物の半数以上がアルティメットであるため既存の創界神では神託が難しく調整されています。つまりアルティメットを使う以上は相方の創界神は置物と化す可能性が高いということ。さらに界渡/化神なら神託できるといっても武装は神煌臨編ではほぼ初の強化。界渡持ちスピリットの枚数は少ないです。他系統から連れてくることも可能ですが、割ときつめな系統ないし、名称の縛りが存在しているためそれも難しく思います。

故に創界神を採用するならシンボル確保としてのみの利用になることを覚悟した上で、界放の手助けにしかならないつもりで採用することになります。リュキオース有する赤なら神託がほぼ無理でも使うことができましたが、類似カードが見えない限り、役に立たない可能性のある創界神を入れる、というリスクを覚悟する必要がありそうです。

3.既存武装との方向性のズレ
既存武装→山札から捲ってアド稼ぎ
新規武装→ステップ増やしてアド稼ぎ

じゃあステップ増やして山札から捲れば最強じゃんって話ですが、これやるのにアルティメットを入れないといけないため、武装スピリットカードしか出せないことを考えると山札から捲ってアド稼ぎにくくなるんですよね。さらに言えば、トトを持ってくることのできるゴッドシーカーがアルティメットなので既存の軸に入れてしまうとそれだけでデッキの6枠が外れカードになる訳です。ゴッドシーカーもなしでどうやってトト加えればいいか僕にはわかりません。縦引きするしかないじゃないか。


総括
なんというかやりたいことをするのに必要なカードが多い割に、リソース伸ばすのに縛りがあって難しいなってのが印象です。かなり気をつけて調整したんだろうと読み取れます。ただ、僕が公式のスゴイカード紹介で懸念していたほど酷い出来ではなく中堅以上で戦うことはできそうとは思います。新規判明カードが縛りがあるなりにドローソースとしての活用が期待できるため、公式公開分で懸念した機人と同レベルでのリソース確保手段の不足にはならなそうです。しかしながら、肝心の創界神トトが今までの白の創界神と違い、防御方面にも強いような効果をしておらず、白にしては防御力に不安が残ります。また、コアを増やす手段が現状、ジェフティックトトを経由しない限りはないのでかつかつになりやすく、展開力という点では機獣や機人に劣ると思います。そのような劣った点がありながらも、呪鬼に対してはそれらよりも装甲に頼らない耐性がよく刺さるので、強気に立ち回れるように思います。なお、今強い赤相手にはキャバルリーアーネジェウ頼りになるので安定して勝つことは難しそうだというのが今見えてるカードでの感想です。


デッキレシピ

僕が現状で組むならという例で載せておきます。

電人トレイン 3
聖刻兵シールダージェネス 3
闇輝石六将機械獣神フェンリグ 2
聖刻兵フォートレスネセニ 3
11

聖刻鳥鎧イビスバード 3
月光神剣ウィングオブルナ 2
5

ゴッドシーカー 聖刻騎兵スポッターシェネウト 3
聖刻騎兵キャバルリーアーネジェウ 3
聖刻神機ジェフティック=トト 3
聖刻騎兵エースアークイブ 3
12

創界神トト 3
ラインの黄金 3
6

アルテミックシールド 3
シシャノショドリーム 3
6

解説
アレックスなしで構築してますがありでもいいと思います。一応トトの神域狙いたかったのでマジックで耐えようという魂胆です。

狙いたいのは、トト+エースアークイブ+ブレイブの耐性付与状態での2点パンチ2回の4点。仮にバースト破棄できなければ5点になり、耐性があるため除去も難しくゲームエンドに持ち込む可能性を秘めてます。揃わないならジェフティックトトで一旦落ち着いてターンを貰いに行きましょう。

電人トレインは上で説明したようにリバイバルの可能性がほぼなくなったのでリバイバル前の想定です。ラインの黄金とかみ合わない上に界渡も持ってません。しかしゴッドシーカーを持ってこれるカードなので、ステップを余計に踏む必要がありますが、トトを間接的に探せるカードですし、先程から何度も名前を挙げているキャバルリーアーネジェウを持ってこれる貴重なカードです。聖刻名称もないのでないない尽くしですが、スピリットソウルを生かして持ってきたアルティメットに変えてしまえばいいのでリバイバルしようがしまいがアルティメットのゴッドシーカーがいると言う時点で採用候補になれます。

ウィングオブルナはただでさえ打点低めなデッキなのでブレイブは多く取りたいと思ったので採用。最低1コスまで下がり、バースト破棄とバウンスが狙えるので4枚目以降のブレイブ選択としてありだと思ってます。

ラインの黄金は機人の記事でも書きましたが、現環境召喚時を使わないデッキがないので貼ればとりあえず足を引っ張れます。展開が遅めなデッキで召喚時をほぼ使わないデッキなので相性は抜群に良いかと。

他採用候補
アレックス
言わずもがな。

スプレッドトータス
ラインの黄金と噛み合わないですが、後攻1ターン目にコアを増やしつつ赤装甲持ちで場持ちが良いため、とりあえずでおけるカードです。手札でも仕事ができる界渡持ちスピリットであり、名称及び系統の縛りが厳しめなこのデッキであれば、イグリディオスZよりも相性が良いと思います。

獣の巣窟、五角形の砦など
ネクサスの選択としてやはり手札が増えるカードが良いという事です。他にもトレインを抜いてしまえば共鳴する音叉も候補。

ネオダブルドロー
爪鳥の記事書いてた時普通に失念してたんですけど、どう考えても相性良いですよね。爪鳥とちがってコア全然増やせないのに4コス支払えるかというと怪しいですが候補にはなるはず。


大分下げで記事書いたような気もしますが、新規判明でそれなりに評価を改めています。トレインのことをたらたら書いたのもゴッドシーカーとの兼ね合いがあって必ずしもリバイバルしてなきゃダメというわけではないと言いたかったからです。

それでは。