8C633630-77CE-43B3-A5C6-9810CAE57462

バトスピ公式より
http://www.battlespirits.com/capture/bs47_bt.php

最近バトスピの販売ペースが早くて環境考察をする気が無くなったhitoyasumiです。あと一月するともう4章発売でまた環境変わると思うと早すぎて書いてもあんまり意味ないよねって。

一応言及するなら、皇獣強い環境なので、赤白黄色の3色が結構強いと思ってます。黄色は結構練りこまないといけないとも感じたけど。逆に緑はキツイ印象あります。CSでは剣獣が結構人気あるようですが勝ててない現状見るとトータル分が悪いように見えます。相手の手札が増えるからこっちも増やせるって言っても、ゼウスの壁を超えて点取らないといけないし、それを超えて3打点出せるオデュッセイバーもイグリディオスZという返しがあるので超えなきゃならない壁が多いなと思いますね。

閑話休題。

友人の爪鳥作ると意気込んでた面々が爪鳥のこと忘れて他のデッキに浮気し始めて、丸投げするつもりが本腰入れて考えなければならなくなったので考えます。


爪鳥の方向性について

結局メガデッキはスピリット軸で4章がアルティメット軸なのでそこで別れてしまってるのがこの系統の構築難度が少し高い問題となってます。

超風魔神が使えるという利点がスピリット軸なら利点として挙げられますが、今の環境は緑神皇と言うメガデッキ爪鳥の先駆けとも言えるデッキが強かった環境と違い、アレックスと創界神が存在しているため超風魔神が実はそこまで強くありません。いや強いのは事実だけど。今となってはどの色にもアレックスは採用されてるし、赤だけで見ればゼウスに5コア乗ってれば受けれる訳で、手札とバースト両方をロックしても盤面で防がれてしまいます。そんなわけで僕は、あえてスピリット軸の道を突き進んでもあんまり強いと思えないので、アルティメットを使う軸で考えて行こうと思います。


アルティメット軸の爪鳥の戦い方と採用カード

さて実際アルティメットを軸にするにあたってどんな勝ち方を目指すのかという話ですが、僕は横に広げて物量押しが丸いと思います。単騎で押す戦術もゲイルフェニックスホルスがいるのでできないことはないですが、それやるなら初めから皇獣や剣獣使ってやれって言われるので皇獣でも剣獣でもできない事、デッキからの横への展開で圧倒するような戦略を取るのが一番かなと思います。

そのための要となるのがやはり創界神ホルスです。ヨクアルバトロサも補助としては悪くない性能をしていますが、召喚条件を無視できないので手札にアルティメットがかさばった場合の補助にはならないため、ホルスはなんとしても持ってくる必要があります。
逆に言えば、ホルスがあれば手札でアルティメットがかさばろうが事故を避けられると考えられるので、ホルスを持ってこれる幼ロロドラゴンは3枚強気に入れて良いと思ってます。

幼ロロドラゴンはホルスの効果を使う事ができるので序盤に界放できるほど強いですし、なによりも横展開するためのコアを増やす事ができるので取りたいプランと噛み合っています。ヨクアルバトロサやヤタガライなどのオープン時に手札に加わる効果とも相性良く、入れない理由がほとんど考えられないカードではないかと思っています。ライフを削りたくない場合でも、ホルス効果オープンからアタック中の幼ロロドラゴンを消滅させればいいのでライフ減少バーストを警戒した動きができるのも強いところです。

横展開した後はハロエリスの着地を目指します。ハロエリスがいる事で相手は重疲労したスピリットを次のターン回復できず、効果も使えなくなるのでこちらから積極的にアタックを仕掛けやすくなります。さらにセフィロアリエス(Rv)がいれば相手は疲労状態でスピリットを召喚する必要があるため、この2枚が揃えばセフィロアリエスで疲労状態で召喚されたスピリットをハロエリスで重疲労させ無効化するロック状態を作る事ができます。耐性がないので突破される恐れはいくらでもありますがなければ確実に詰ませられる事が出来るので是非狙って行きたいコンボの一つです。揃わなくてもハロエリスさえいれば相手の機能するカードの数が減っていくのであとは物量に任せて押し込みましょう。


デッキレシピと解説

最後にこんなレシピどうですかという提案です。

世界幼竜グラン=ロロドラゴン 3
ゴッドシーカー天空鳥キジバトゥーラ 3
三十三代目風魔頭首ヤタガライ 3
選ばれし探索者アレックス 3
白羊樹神セフィロアリエス 2
天空神鳥ゲイルフェニックスホルス 3
17

地球神剣ガイアノホコ(Rv) 3
3

天空勇士セメンバード 3
天空の双璧グリフ=ヴァルチャー 2
天空鳳凰ホル=アクティ 3
天空神鳥ハロエリス 3
11

創界神ホルス 3
ヨクアルバトロサ 3
6

白障防壁 3
3

スピリットの方が枚数が多いですが、ロロドラゴン、アレックス抜いたら爪鳥アルティメットの方が数多いのでアルティメット軸です(謎理論)。

公開カードにドローソースになりそうなカードがあんまりないんですが、ホルスにアクセスできるカードがホルス自体含め9枚あるので頑張って引きましょう。ホルスさえ引ければ山札から展開できるので手札でリソース取らなくても戦えると思います。

ガイアノホコは怪しさがかなりあります。まだ界渡ブレイブが公開されてないのでひとまず入れるならといった感じです。

勝ち筋としてはゲイルフェニックスホルスまたはセフィロアリエスとハロエリスでロック状態を作り出しての数押しになると思います。ゲイルフェニックスホルスがめくれるようなら場合によってはアポロヴルムみたく5点単騎特攻してもいいでしょう。

昔のカード取り入れた構築を紹介する事で見てもらうことの価値みたいなものを出してますが、別にアリエスにこだわる必要はないです。例えばデュークモン相手ならメインでデュークモン煌臨やチェンジでクリムゾンモード出てきたりなど疲労状態召喚の抜け道も多いので。そういう点では今回採用しなかったカードになりますが、召喚時で重疲労が行える天空勇士ジェトファルコンの方がホルスで捲れた際のハロエリスとのシナジーがあるので面白いかもしれません。

どういう風にホルス軸の爪鳥を組むにしろ超風魔神なんかを採用したスピリット軸でもなければハロエリスは必要になってくると思うので、トリアイナぐらいまで上がる前に抑えた方がいいかなと思います。人によってはゲイルフェニックスホルス捲れば勝てるしいらないだろと言う人の考えもわからないわけじゃないのでトリアイナみたいにはならないと思っています。しかし後追いだと高くつくので集められる時に集めとくのが吉ですよ。

それでは。