アテナと言えば、遊戯王の天使デッキを思い出す人、hitoyasumiです。マスターオブヒュペリオンのストラクは世界を制したストラク。5D's期最後にして最高クラスのストラクだったことは間違いない。

まあ、今回もバトスピ の話だからカンケーないけど笑

凄いカード紹介で創界神アテナ関連のカードが公開されたのでその感想を書いていきます。

BCAAA859-A441-47A6-94A3-F4F4CDD6B5FE

61E51391-2451-4299-891F-5B0C88C90647


※バトスピ 公式ホームページより
http://www.battlespirits.com/capture/bs46_bt.php#white

1.ふぁーすといんぷれっしょん
僕がぱっと見て思った印象としては相手の行動を妨害するカードが多いと思った。手札補充メタにマジックの打ち消し、果てにはライフ完全防御と。いずれも白らしい昔ながらの効果だし、機獣との差別化としてはいい方向に行ったと思います。

2.どんなデッキになりそう
機獣が万能タイプのビートダウンに対して盤面処理と妨害に特化したビートダウンといった感じになる?のかなと、いわゆるメタビ。アテナイアー、アテナ共にバウンス効果を内蔵しており、周りが妨害効果持ちということから相手のアドバンテージ獲得を封じつつ、盤面をしっかりと処理していくことで有利に立つ、そんなイメージ。アテナイアーがダブルシンボル持ちでアタック中にスピリット/マジックの効果を受けない耐性を持ち、さらにスピリット/アルティメットを2体デッキバウンスできるため、盤面をこじ開けながら除去のされにくい高打点を無理やり入れるのが勝ち筋。さらにそこにアテナを絡めることでアタックステップの終了を止めつつ回復できるようになるわけです。この組み合わせ、流行しているアレックスを止めれますし、ダブルシンボル故の弱点、マグネティックフレイムやブレイズタイガー等の破壊効果から自身を守ることができるためかなりの防御手段を止めながら押し切ることができ、決定力は高いと思います。

3.現状見えている問題点
自分のデッキを回すカードが少ない、これに尽きると思います。ゴッドシーカーは貰えていますが、機獣のネガズボックと違いオープン枚数が4に抑えられており、加えることができるカード枚数は増えてますが、破壊時にも発揮することができなくなりました。ネガズボックの強さはそのオープン枚数の多さと破壊時にもその効果を使えることがあり、1枚でデッキをかなり掘り進めることが出来ますが、オープン枚数を減らされた上に破壊時に使えなくなってしまった事も相まってネガズボックと同じ感覚でデッキを掘る事が出来ません。また加えるカードが3種類になってしまった事もあり、ネガズボック以上にフェンリグを踏みやすくなっています。これは新規ゴッドシーカー全般に言える事なので使う際注意が必要です。
他にも、アクセル持ち機人スピリットが少なく、アテナの神域、アテナイアーのコスト軽減がそこまで機能しないように思えて仕方ないです。神皇編の黄色アクセルぐらい気軽に使えるアクセル持ちカードがあれば良いですが、公開されているカードと既存のカードを見るとほとんどが防御手段として使うもので、自分から積極的に打てるカードじゃないんですよね。マデリーン、ライサンダーの2枚は積極的に使えるカードだと言えるんですが、片やコアが増えるだけなのと、もう一方はオープン枚数2枚と少ないので実際にアドバンテージにつながるかが不確実。黄色ほどじゃなくていいので、星竜ぐらい積極的に使えるアクセル持ちカードの公開が待たれます。

(※追記
神皇編3章のマスターレアにソリッドファルコンという機人踏み倒しカードがありました。
どちらにせよ、オープン2枚から召喚なので確実では無いカードなので僕の考えてる事とはあまり変わりないです。)

現状の公開カードだと多分恐ろしいほどブレやすいデッキになります。カードパワーは高いですが、アテナとしてまとめようにもデッキを回すカードが少なすぎて準備に時間がかかりすぎると思う。逆にアテナとアテナイアーが揃ってたりすると適当にアクセルで耐えてアテナイアーで奇襲してさっさとゲームが終わるみたいな。このままだと界渡/化身持ちカードがアルテミスに出張するだけで終わりそうなので頼むからリバイバル枠とかでデッキ回せるアクセル持ちが来て欲しいですね。獣頭のパンザーみたいな枠でも可。

それでは。