環境デッキが環境デッキと言われる所以について僕なりの認識を書こうとしたら公式のカード紹介が始まった為予定変更。新規カード効果についてはバトスピ公式HP、wiki等を参照の上ご覧ください。

1、公開されてどう思った?
ゼウスと化身が公開された段階ではヤバイ気がしてた。でも今回の公開でまあバランス取れてる感じはしてます。公開カードのいくつかがアタックトリガーとして何かを行う効果であり、準備をするためにアタックするという守りの弱い赤属性の欠点を抱えていることから、どうしてもカウンターが取られやすそうな印象を受けました。その点をゼウスの1つ目の神技がカバーしてくれていますが、使ってしまうと2つ目の神技が使いにくくなってしまい、強みであるアタックトリガーを生かせないという点がひっかかります。

2.セト軸獣頭に近い?
こう、公開されたカードを見るとなんとなくセト軸獣頭デッキに近いものを感じます。あのデッキってどうしてもセトにカードパワーが集約されすぎてるところがあって、1枚あたりのカードパワーがちょっとだけ低いんですよ。セトあるだけでめちゃくちゃ強くなるけど引けないと極端に弱くなるっていう。それにゼウスを軸とした皇獣デッキも似た印象を受けています。ゼウスがあれば受けも可能だし、ターン追加効果で押し切るっていうのも可能だけど、なければ元々赤が受けが弱い色なのもあって凌ぐの大変そうだし、アタックトリガーを活かす機会も減ってしまうと。獣頭と違い、皇獣にはシャーマントヒヒというトラッシュから赤の創界神を拾えるカードがありますし、2種類目の創界神として炎利家があるのできちんと形になるとは思いますが依存度が高い事には変わりないかなと。

3.どんなところが強そう?
ネガティブな印象を持たれても良くないのでポジティブな話も。
やはりなんといってもゼウスのカードパワー。デッキ内にリュキオースやレーディアと言った神託を容易にするカードを入れやすく、機能しだしたら止まりません。追加ターンに追加ターンを重ねることもできますから、常に相手にプレッシャーをかけれる状況にしておかなければ気づくとターンが回って来なくなったなんて状況もあり得ます。メインステップを追加ターンでは行えないとはいえ、アイスクラーピウスドラゴンをアタックステップに煌臨させればアタックステップ中でも神託可能。そこからさらにサンダーZイーグルを召喚すると。。。ロマンコンボですがあり得るのが恐ろしい。
また、アタックトリガーに関して否定的な意見を述べて来ましたが、回復効果内包なので公開されていない界渡持ちブレイブ次第では化けます。ゼウスの追加ターン効果と相まって、ダブルシンボル持ちの2回アタックを2ターンに渡って行えるのはそれだけでゲームエンドまで持ち込める強さがあると思うので、ひとまずシンボル付きだったら強い。あとは現状だと盤面に触れる効果を持ったカードが少ない事もあり、なおのことカウンターを受けやすいような気がしているためシンボルに加えBP焼きがついてたら更に良さそうな感じはしてます。とりあえず、組む気ある人はブレイズタイガー揃えとくのを勧めます。

4.星竜と比べてどう思う?
現状の公開カードを見てる限りだと星竜の方が速攻性能と対応力で軍配があがるかなと。サンダーZレオンは確かに強いんですがアポロヴルムと違って手札を使って回復なので失った時の損失が大きくなりやすいですし、なによりもコアが大きく増えないのでフラッシュでの防御や次ターン以降のアクションへの繋げやすさが段違いですね。加えて盤面を触れるという点も大きく、無理にでも走らせに行けるかどうかというのも大きいと思います。またカードプールが煌臨編からの強化なだけあって合わせやすいカードが多い星竜ですが、神皇編がメインだった皇獣は少し合わせにくい事もあり実際に使えるカードが星竜よりも少なくなってしまい、デッキとしての自由度が異なるかと思います。未公開カードでいくらでも評価がくつがえりますが、12月のメガデッキ発表からが本領発揮なような気がしますね。

それでは。