※バトスピの記事だよ

デュエマも大好きhitoyasumiです
いいよねブライゼシュートとかの大味なデッキ。SSTとか僕のやってる時なかったからめっちゃ使って見たい感ある。

話が逸れました。

今回何書くかと言うと、僕がまた真面目にバトスピ買う様になってから一番触ってたデッキ何かなって思ったら多分星竜だったので星竜(派生も含めて)の最近までのデッキ変化について書いていきます。

・ドリームデッキ4種発売後
バトスピのファン投票で選ばれた4デッキが発売。遊んで思ったのは、馬神弾は間違いなく環境を一変させるカードだなって感じましたね。ネクサス焼くのがお手軽過ぎる上、神域のバーン効果も系統指定等が無くとても扱いやすい。
対してツルギタテワキは当時微妙だった。神域まで入ればお手軽15000焼きだったけど、2章入るまで5コア貯めれる簡単なカードがスピキュールドラゴンみたいなループ可能カードしかいない上、アルティメットが環境におらず馬神弾で大体の事が補えた事から採用は少なかった。ループしてコア増やしても受けで使えないカードだったこともあり、使いにくさの方が目立ってしまった形だと思います。後で化けるけど。

・神煌臨編1章発売後
遂にアポローンを中心とした新規軸星竜が登場。当時のデッキで分かれるのは3コス軸か4コス軸かってところだったと思います。3コス軸はゴッドシーカー以外にコンドライトドラゴン、アークなどの3コスト星竜を採用する事で、アポロヴルムの煌臨が容易で、ビートを仕掛けやすくなっており、4コス軸はブレイドラにダイナモドラゴン、スピキュールドラゴンなどを合わせて採用する事で、デッキの回転速度を上げ、手札の質を高めながら戦える構築になっていました。
どちらの構築も良く見かけたのですが、非公認で結果残してからは4コス軸が増えていった様に思います。
この段階でのエースは大体アポロヴルムとアポロXの2種。たまに派生の界渡コンでヴァリヴァース採用も見られましたが、当時はノヴァ全盛期だったこともありファラオム採用デッキも多く、ヴァリヴァースはあまり活躍した印象はなかったです。使われると強いってわかるんだけど、ついでにメタられてたような印象を受けます。余談だけど、1章発売して面白いと思ったカードは?って聞かれたらヴァリヴァースって答えてたぐらいには強いと思ってたからにわかじゃないよ。

・デジモンコラボ2弾発売後
まあ、目新しいカードはもちろんなかったので大まかな構築は変わりませんでしたが、アルファモンがきついので超炎採用が普通になってたかなってぐらい。そして超炎入れるならって感じでスピキュール採用はほぼ全てのデッキで見られたし、相手スピキュールスタートを止めるためのファラオム採用も普通に見られたように思いますね。速度あげても普通に止められる事もしばしばだったので、コントロール性能を上げるためにヘリオスフィア採用やデズデモーナ採用もたまに見たけど、この頃ってバトスピ荒れてたからみんなそんな事気にしてなかった。

・神煌臨編2章発売後
リュキオースの登場とアルティメットが普通にいる環境になったため、ツルギタテワキ採用が目立ちました。特に、あまり注目されてなかった天霊が予想以上に強かったのでそこにめちゃくちゃ刺さるヴァリヴァース入りの星竜が開発され話題を呼びました。この時裏ではネコジャジャとか言う悪いカードの存在が浮かび上がって、現在では禁止指定へ。これに関してはもう擁護する人はいないと思うけどミスだよ。何が問題って創界神の裁定いま
だにガバガバだと思う。創界神対象の効果しか受けないって書いてあるのにネクサスと同じ扱いだから、強化関連は乗るし、トラッシュからの吊り上げもできる。ブレイドラには創界神ネクサスが貼られたらドローってテキストのわりには、ネコジャジャはネクサスでドローって書いてあってドロー可能。正直どこまでが可能なのかを判断するのにプレイヤーも混乱したと思う。ちゃんとルールに則ってデッキ作ってる以上プレイヤーじゃなくて公式側のミスだった様にしか思えない。

なお、この頃には創界神3種9枚の構築が当たり前だったのでブレイドラ3枚が普通になってました。ぶっちゃけ僕は、自分が上振れできないからブレイドラってカード弱いと思ってたけど、赤シンボル作らないとヴァリヴァース出せないから仕方なく採用してたぐらいにはブレイドラが強かった。
(何言ってるかは自分でもわからない)
あとは、馬神トッパ採用までしてる形も最近に至るまで見かけられます。リュキオースの超祈願で4コア乗ればそのまま2ドローできるのでドロソとして運用されています。
この段階まで来るとヴァリヴァースをメインとした構築というよりもアポロヴルムとヴァリヴァースの2枚をメインとした構築が増えてきました。それぞれ苦手とするカードが変わるため、相手に2択を迫る事ができる点が評価され、現在の主流となっています。

・ブレイドラ制限後
徐々にミラーマッチ対策にネメアーレオやフォラオム採用が見られるようになりました。現在の星竜で召喚時を使わない事がなく、オルフェスター ドラゴンで上記2種は回収が可能な事もあり、創界神で落としては回収、伏せて圧力をかけるといった使い方が見られます。特にネメアーレオは苦手なグリフォンXに対して強いカードである事からファラオムよりも好んで採用されているようです。しかし、その影響もあってか、オリンの円錐山やホワイトホールドラゴン採用の星竜も見られ、ミラーマッチを意識するならファラオム採用がベターかなと。

・今後どうなるか
使用率低いけど剣獣がもっと評価されたら、ドローソースの取り方が変わるのかなと思います。トラッシュは除外され、得意のトラッシュ利用が封じられますし、ヘクトル入りならさらにアポローンやトッパが機能停止に陥るためハンド補充手段がかなり限られ、星竜側は辛いです。そうなればそこを抜けるための4コスドローマジック採用がメジャーになるかも知れません。場合によっては白相手に強いリボルドローが。。。←多分無いです

触れられなかったところもありますが、ざっとこんな感じかなと、何かあれば触れていきますのでコメントからどうぞ。

それでは。